page top

Home > Trail > 2020年
2020年のポタリングやバイク走りの写真   ※ルート画像クリック → Ride with GPS で表示されます
  2020年01月04日  丹波篠山市曽地中/弥十郎ヶ嶽へバイク走り
●子年初登山は地元の弥十郎ヶ嶽へ。ハハカベ山標石に会いたくて篭坊温泉コースを歩いた。


1)HONDA TLR200で出発。篠山城跡を出て東へ走り、篠山川の泉橋から弥十郎ヶ嶽遠望。 撮影地


2)冬にバイクで走るなんて青春時代以来だ。かじかの里公園にバイクを置いて登山開始。 地図


3)県道を300m戻って羽束川の橋を渡る。篠山市林道ミナノ線の標柱があり、谷川沿いの林道を進む。 案内図 地図


4)この登山道は篭坊温泉コースと呼ばれるもので、倒木やゴロタ石が少ないので歩きやすい。


5)沢道を登り切ると東(右)から来る農文塾コースと合流する。直進して北へ下ると辻集落へ至るようだ。 地図


6)稜線道は松の木が多い。樹木が多く地形が複雑な割にマークテープが少ないので用心して歩く。


7)松の根元に何やら見えてきた。ハハカベ山標石に違いないと駆け寄る。


8)▲ハハカベ山(661m)に到着。標石の存在を知ってから何年も経ってしまい、よくぞご無事でという感じ。 地図


9)ハハカベ山を辞して稜線歩きを再開。道沿いにクネクネと面白い姿の木があったので鑑賞する。


10)山頂手前で南(写真上)から来る竹谷コースと合流する。南に八上(やじょう)山があるので寄り道する。 地図


11)100m程歩くと▲八上山(689m)に到着。左(東)篭坊、直進(南)後川の標識が立っている。 地図


12) 苔の帽子を被った八上山標石。ここから10)の合流点までUターンしてから弥十郎ヶ嶽山頂へ向かう。


13)八上山から10分程で▲弥十郎ヶ嶽山頂(715m)に到着。初登頂した5年前にタイムスリップしたような感覚。 地図


14)以前と変わらぬ山頂標識。今日は珍しく登山者二人に出合った。


15)展望は樹木のため北方向のみに限定されるが多紀連山(多紀アルプス)が見えるので眺めは良い。


16)下山は5)の峠までUターンし、農文塾コースをとって東へ向かう。起伏の少ない良い道が続く。 地図


17)やがて大峠(辻峠)に到着。ここから東麓の農文塾へ向かって杉林を下る。 地図


18)麓に出ると2014年に焼失した天空農園(元農文塾)の跡地に何やら建築中だった。 地図


19)さらに里道を下ると県道にぶつかるのでバイクデポ地まで歩く。 案内図 地図


20)景色が良いので県道歩きでも楽しい。道中に推定樹齢100年という名木指定のトチノキがあった。 地図


Home > Trail > 2020年