page top

Home > Trail > 2019年    前ページへ戻る
2019年のポタリングやバイク走りの写真   ※ルート画像クリック → Ride with GPS で表示されます
  2019年08月03日  神戸市方面のダムを訪ねてバイク走り
●神戸の山中に近代土木遺産の堰堤がある。猛暑日だがバイクで走れば涼しいので鑑賞してきた。


1)HONDA TLR200で出発。国道176号を南下して西宮市山口町船坂に到着。バイクを置いて野道へ入る。 地図


2)ブッシュを抜けると船坂川の白水第三堰堤に出る。鎧積の白水川堰堤(近代土木遺産)を探したが出合えず戻る。 地図


3)白水峡の反対側にある蓬莱峡の堰堤を見てみようと船坂峠を越えて移動。 地図


4)兵庫県道51号線から蓬莱峡の眺め。中央の太多田川に見える堰堤が鎧積になっているようだ。 堰堤拡大  地図


5)鎧積堰堤の鑑賞を断念し有馬街道を走って神戸市中央区葺合町の布引貯水池に到着。遊歩道を下る。 現地案内板  地図


6)遊歩道沿いの水天宮社。「ご利益がございますのでお参りして下さい」の看板が立っている。 地図


7)布引貯水池の布引五本松ダム。日本最初の重力式コンクリートダムで近代化遺産に指定されている。


8)下流側から堤体の眺め。表面張石になっていて重厚で美しい。


9)バイクを西へ走らせて神戸市兵庫区烏原町の立ヶ畑ダム(近代化遺産)に到着。ダム湖は烏原貯水池。 地図


10)アーチ状になった堤体の眺め。布引五本松ダムと同様の表面張石になっている。


11)ダム直下の眺め。手前の壁は減勢工の副ダム、レンガ積の壁は沈砂地(池)らしい。


12)ダム中央にある石造りの立派な取水塔建屋。「養而不窮」とかエンジニアの名前が刻まれている。


13)国道428号を北上して神戸市北区山田町の天王ダムに到着。バイクを置いて管理棟の裏手に回る。 地図


14)天王谷川に造られた重力式コンクリートダム。神戸市街を水害から守る頼もしいダム。


15)天端から上流側鈴蘭台の眺め。豪雨の際に貯水する治水専用ダムのためダム湖は空になっている。


16)管理棟裏手のタイムカプセル(未来への手紙)。高圧のアルゴンガスを封入したステンレス容器とのこと。 説明板


17)次は鈴蘭台を抜けて石井ダムの取付きへ。ここから神戸電鉄の線路沿いに歩いてダムへ向かう。 地図


18)テクテク歩いて行くと遠くに石井ダムが見えてくる。ハッカ油をたらした濡れスカーフで暑さをしのぐ。


19)広い天端部と巨大なエレベータ塔に驚く。堤体の中に多目的ホールまであるらしい。 地図


20)階段で下に降りて見上げると大きさが実感できる。一通り鑑賞し、夕立ちを案じながら出発地へバイクを走らせる。


Home > Trail > 2019年    前ページへ戻る