page top

Home > Photo > 篠山市・日置小学校区    前ページへ戻る
日置:弥十郎ヶ嶽から流れ出る川が篠山川と合流し土壌が豊かでホタルの名所。歴史遺産が豊富。
篠山市井ノ上 ▼ 篠山市上宿 ▼
 篠山市井ノ上/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●旧国道372号線と県道543号線の交差点付近から西向きの眺め。
篠山市井ノ上/景色写真




 篠山市井ノ上/筒井神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●江戸時代中期、旱害を鎮めるため篠山城主の計らいで抑當太神を勤請して創建された。
篠山市井ノ上/筒井神社写真




 篠山市井ノ上/井上池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●国道から南を眺めると山麓に堤防が見える。三角形の大きな池。
篠山市井ノ上/井上池写真




▲ 篠山市井ノ上 ▲ 篠山市上宿 ▼ 篠山市北嶋 ▼
 篠山市上宿/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●辻川橋から西向いて上宿の眺め。道路は旧国道372号線。現在は地区南側にバイパスされている。
篠山市上宿/景色写真




 篠山市上宿/祠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●家々の奥まった所に自然石の灯籠と祠が立っている。
篠山市上宿/祠写真


●覆屋の中に祠があり、石仏が祀られている。
篠山市上宿/祠石仏写真




 篠山市上宿/稲荷神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●国道372号線と辻川の間に北向きの祠がある。
篠山市上宿/稲荷神社写真


●朱塗りの覆屋。祠の中に伏見稲荷大社の御神符が奉じられている。
篠山市上宿/稲荷神社覆屋写真




 篠山市上宿/地蔵 ここをMapion地図で見る(別画面)
●曽地川に架かる新宿橋の袂に立っている地蔵菩薩。この辺はかつて刑場で、処刑された人を供養している。
篠山市上宿/地蔵写真




 篠山市上宿/六本柳 ここをMapion地図で見る(別画面)
●平安時代、源頼光一行6人が挿した柳の杖が根付いたとの伝説。大正4年に補樹した内の1本が残っている。
篠山市上宿/六本柳写真




 篠山市上宿/西安寺(浄土真宗本願寺派) ここをMapion地図で見る(別画面)
●上宿の南端、上宿研修センターの裏手にある。
篠山市上宿/西安寺写真




 篠山市上宿/血寄地蔵 ここをMapion地図で見る(別画面)
●第四代篠山城主・形原松平康信は家名を守るため甥・松平又四郎を暗殺した。供養のため村人が地蔵を安置。
篠山市上宿/血寄地蔵写真


●お地蔵さんは珍しい片膝を立てた姿。
篠山市上宿/血寄地蔵写真




 篠山市上宿/道しるべ ここをMapion地図で見る(別画面)
●上宿公民館の庭に三角形をした自然石の道しるべが立っている。
篠山市上宿/道しるべ写真


●「左 永沢寺 志つ川」と刻まれている。方向が逆なので他の場所から移設された模様。
篠山市上宿/道しるべ写真




 篠山市上宿/地蔵 ここをMapion地図で見る(別画面)
●旧国道の脇に青い屋根の祠がある。
篠山市上宿/地蔵写真




▲ 篠山市上宿 ▲ 篠山市北嶋 ▼ 篠山市小中 ▼
 篠山市北嶋/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●北嶋公民館の近くから東向きの眺め。
篠山市北嶋/景色写真




 篠山市北嶋/国鉄篠山線跡 ここをMapion地図で見る(別画面)
●国鉄篠山線は昭和47年に廃止された。遺構のコンクリート橋と地元の記念行事で置かれたレールと枕木。
篠山市北嶋/国鉄篠山線跡写真


●この錆を見ると廃線が大昔の事に感じるが、大坂万博の頃はまだ走っていたのかと思うと距離感が近くなる。
篠山市北嶋/国鉄篠山線跡レール写真


●暗渠と石積み。この辺りは篠山川左岸沿いに線路が引かれていた。向こうの家々は北嶋地区。
篠山市北嶋/国鉄篠山線跡暗渠と石積み写真


●もうひとつ暗渠。丁寧に見ていけばまだまだありそう。すぐ左を県道543号井ノ上杤梨線が通っている。
篠山市北嶋/国鉄篠山線跡暗渠写真




 篠山市北嶋/力士碑 ここをMapion地図で見る(別画面)
●門弟が立てた力士碑。「岩山重右衛門」と読める。
篠山市北嶋/力士碑写真




 篠山市北嶋/厳島神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●北嶋の篠山川右岸堤防を北に進むと民家の間に鳥居がある。
篠山市北嶋/厳島神社鳥居写真


●木の根が張ってゴツゴツした山道を進み、参道階段を登ると社殿がある。
篠山市北嶋/厳島神社社殿写真


●社殿の前にある祠。後方の丘陵に北嶋古墳(円墳)が9基ある。
篠山市北嶋/厳島神社祠写真




 篠山市北嶋/地蔵 ここをMapion地図で見る(別画面)
●篠山川に架かる北嶋橋の西詰めに立っている。川越安全の地蔵か。
篠山市北嶋/地蔵写真




▲ 篠山市北嶋 ▲ 篠山市小中 ▼ 篠山市曽地口 ▼
 篠山市小中/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●小中公民館前から東向いた眺め。左は前の国道372号線。右は趣きある旧道。
篠山市小中/景色写真




 篠山市小中/池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●小中地区の南方山腹にある。地図で見ると小中唯一の池。
篠山市小中/池写真




▲ 篠山市小中 ▲ 篠山市曽地口 ▼ 篠山市曽地中 ▼
 篠山市曽地口/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●曽地は弥十郎ヶ嶽から流れ出る川があり、土壌が豊かでホタルの名所。
篠山市曽地口/景色写真




 篠山市曽地口/日吉社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●曽地川の井根口橋近くに民家と接して鎮守の森がある。
篠山市曽地口/日吉社写真


●若い杉に囲まれて白木鳥居と祠が立っている。
篠山市曽地口/日吉社写真




 篠山市曽地口/池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●曽地口公民館の裏手にある大きな池。
篠山市曽地口/池写真


●池の土手に立つ石碑と地蔵の祠。石碑の裏に「安政四年村内安全」、地蔵の台座に「法界平等利益」と刻まれている。
篠山市曽地口/池写真




 篠山市曽地口/大正記念池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●澄んだ水の池。土手が高いので水深がありそう。土手に大正記念池と読める石柱が立っている。
篠山市曽地口/大正記念池写真


●池の土手に登る途中に五輪塔がある。次の大雨で崩れそう。
篠山市曽地口/大正記念池五輪塔写真




▲ 篠山市曽地口 ▲ 篠山市曽地中 ▼ 篠山市曽地奥 ▼
 篠山市曽地中/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●県道12号川西篠山線沿いから北向きの眺め。この先、300m程は新旧道路が平行に通っている。
篠山市曽地中/景色写真




 篠山市曽地中/伊仙代古墳 ここをMapion地図で見る(別画面)
●栗林の中に石材がある。※誤認の可能性
篠山市曽地中/伊仙代古墳写真




 篠山市曽地中/地蔵尊 ここをMapion地図で見る(別画面)
●古坂峠のヘアピンカーブ近くにある地蔵尊。道路擁壁工事現場で発生した崩壊事故の犠牲者を供養している。
篠山市曽地中/地蔵尊写真




 篠山市曽地中/弥十郎ヶ嶽 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20141105
●曽地口から弥十郎ヶ嶽の遠望。今回は畑市から薬師野ヶ原登山コースを登った。
篠山市曽地中/弥十郎ヶ嶽遠望写真


●畑市にある旧城東薬師野ヶ原キャンプ場の駐車場。ここが登山口になり、山頂まで80分程度。
篠山市曽地中/旧城東薬師野ヶ原キャンプ場写真


●登山道の途中にある吹越峠。直進して峠を下ると曽地中に至る。山頂は左へ。 地図(別画面)
篠山市曽地中/吹越峠写真


●登山道の途中に大きな口をポッカリ開けた洞窟がある。 地図(別画面)
篠山市曽地中/弥十郎ヶ嶽洞窟写真


●洞窟の中から外の眺め。山の名前にもなった猟師の弥十郎が住んでいたとの伝え。
篠山市曽地中/弥十郎ヶ嶽洞窟写真


●弥十郎ヶ嶽頂上(715m)。広くゆったりした山頂で、二等三角点がある。 地図(別画面)
篠山市曽地中/弥十郎ヶ嶽頂上写真


●山頂から北〜南西方向が眺望できる。写真中央に多紀アルプスの三嶽が小さく写っている。
篠山市曽地中/弥十郎ヶ嶽眺望写真


●弥十郎北峰頂上(690m・栗樹ヶ岳)。弥十郎ヶ嶽山頂から北へ10分程の所。何もない。 地図(別画面)
篠山市曽地中/弥十郎北峰写真


●火ともし山頂上(621m・海石ヶ岳)。弥十郎北峰から尾根伝いだが道がないため難儀する。 地図(別画面)
篠山市曽地中/火ともし山写真


●何もない山頂で、これを見るとホッとする。ありがとう、北摂探検隊!!
篠山市曽地中/弥十郎ヶ嶽山頂プレート写真




 篠山市曽地中/祠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●四十九院跡を訪ねて林道を進んでいると山の斜面に石段が付いている。
篠山市曽地中/祠写真


●石段を登ると石造りの小さな祠が安置されている。山の神か。
篠山市曽地中/祠写真




 篠山市曽地中/四十九院跡 ここをMapion地図で見る(別画面)
●弥十郎ヶ嶽登山道の途中に杉林の広場があり、修行僧が居た四十九院跡がある。
篠山市曽地中/四十九院跡写真


●戦国時代に明智軍によって焼き払われた。石積みだけが残っている。
篠山市曽地中/四十九院跡写真




 篠山市曽地中/ナンジャモンジャの木 ここをMapion地図で見る(別画面)
●曽地川土手に生えている。高さ5m位ありナンジャモンジャの木と呼ばれ、5月初旬〜中旬に白い花が咲く。
篠山市曽地中/ナンジャモンジャの木写真


●絶滅危惧類指定の珍木ヒトツバタゴ。江戸城の近くの親木から数えて三代目との説明。
篠山市曽地中/ナンジャモンジャの木写真


●純白の花びらが細長く4つに分かれている。芳香ではなく、微かにコンソメスープのような香りがする。
篠山市曽地中/ナンジャモンジャの木写真




 篠山市曽地中/洞中古墳 ここをMapion地図で見る(別画面)
●洞中古墳一号。県道12号川西篠山線から石室入口が見えている。
篠山市曽地中/洞中古墳一号写真


●直径30m、高さ4mの円墳。
篠山市曽地中/洞中古墳一号写真


●横穴式石室。巨石が使われている。
篠山市曽地中/洞中古墳一号横穴式石室写真


●洞中古墳二号。こちらはやや離れているが県道から見える位置にある。
篠山市曽地中/洞中古墳二号写真


●6世紀中頃に築造された前方後円墳。全長30m、幅17m。写真左が後円部で石室入り口がある。
篠山市曽地中/洞中古墳二号石室入り口写真


●横穴式石室の入口。この5m奥に玄室がある。
篠山市曽地中/洞中古墳二号横穴式石室写真




 篠山市曽地中/四十九池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●水面に映る景色が絵になる池。近くに修行道場だった四十九院跡がある。
篠山市曽地中/四十九池写真




 篠山市曽地中/四十九観音堂 ここをMapion地図で見る(別画面)
●県道12号川西篠山線沿いに立っているお堂。この先は古坂峠を経て後川に至る。
篠山市曽地中/四十九観音堂写真


●五輪塔、祠、観音堂と並んでいる。背後から森の草木が迫っている。
篠山市曽地中/四十九観音堂写真




 篠山市曽地中/赤穂谷池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●紅白の大きな錦鯉が泳いでいる。
篠山市曽地中/赤穂谷池写真




 篠山市曽地中/厄除八幡神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●県道12号川西篠山線から良く目立つ鳥居。両脇の狛犬も大きな造りで目立つ。
篠山市曽地中/厄除八幡神社鳥居写真


●鳥居を潜って曽地中公民館の前を過ぎると参道が石段になる。
篠山市曽地中/厄除八幡神社参道石段写真


●檜の多い森の参道を登ると広場になり、宝物蔵、舞殿、納札所が配置されている。参拝路順看板が掛かっている。
篠山市曽地中/厄除八幡神社広場写真


●間口の広い本殿。江戸時代後期に造築された。
篠山市曽地中/厄除八幡神社本殿写真


●本殿左側の松尾神社と若宮八幡社。
篠山市曽地中/厄除八幡神社松尾神社と若宮八幡社写真


●本殿右側の稲荷神社、日吉神社と石造りの祠。
篠山市曽地中/厄除八幡神社日吉神社写真




 篠山市曽地中/道しるべ ここをMapion地図で見る(別画面)
●県道12号川西篠山線から県道308号曽地中三田線へ枝分かれする所に立っている。
篠山市曽地中/道しるべ写真


●「左ハいけだ みののせ ゆく、右ハゆの山 永澤寺 ゆく」と刻まれているように見える。
篠山市曽地中/道しるべ写真




 篠山市曽地中/左近稲荷神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●お稲荷さんが力士になって江戸の上覧大相撲に出場したという伝説がある。その一人が左近稲荷神社の曽地山左近。
篠山市曽地中/左近稲荷神社写真


●豊作や勝利の神様。奉納された力士絵が壁に掛っている。
篠山市曽地中/左近稲荷神社力士絵写真


●中央に前頭・曽地山左近、黒紋付姿で正座している頭取・高城市松、右端に行司・金山源吾。
篠山市曽地中/左近稲荷神社力士絵写真




 篠山市曽地中/火の見櫓 ここをMapion地図で見る(別画面)
●山間に細長く分布する曽地を火事見張りするのに、ここはちょうど良い場所。
篠山市曽地中/火の見櫓写真




 篠山市曽地中/観音堂 ここをMapion地図で見る(別画面)
●曽地川に架かる観音橋を渡った所に立っている。巡礼堂とも呼ばれ、多紀郡内観音霊場第二十番になる。
篠山市曽地中/観音堂写真


●お堂の外壁に多紀郡内観音霊場の一覧表が掲げてある。
篠山市曽地中/観音堂写真




 篠山市曽地中/天正の首塚 ここをMapion地図で見る(別画面)
●明智軍に処刑された僧侶が葬られていると伝わる塚。供養し祀られている。
篠山市曽地中/天正の首塚写真




 篠山市曽地中/長福地蔵尊 ここをMapion地図で見る(別画面)
●明智軍の丹波攻めで山の中腹にあった長福寺が焼失。焼け跡から集めた五輪塔を安置し祀ってある。
篠山市曽地中/長福地蔵尊写真




 篠山市曽地中/ほたるの里 ここをMapion地図で見る(別画面)
●川岸が自然のままに保たれた曽地川。時期になると源氏ホタルの舞いが見られる。
篠山市曽地中/ほたるの里写真




 篠山市曽地中/太陽山長和寺(曹洞宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●山号柱からの眺め。白い建物は曽地研修センター。
篠山市曽地中/太陽山長和寺山号柱写真


●山門。広い庭園が綺麗に手入れされている。
篠山市曽地中/太陽山長和寺山門写真


●他にそれらしき建物がないので、これが本堂か。
篠山市曽地中/太陽山長和寺本堂写真


●左から順に厄除け地蔵、馬頭地蔵、身かわり地蔵と丸石、病み取り地蔵。
篠山市曽地中/太陽山長和寺地蔵写真


●本堂の横にある小道を少し登った所にある観音堂。
篠山市曽地中/太陽山長和寺観音堂写真




▲ 篠山市曽地中 ▲ 篠山市曽地奥 ▼ 篠山市辻 ▼
 篠山市曽地奥/景色
●曽地奥公民館前から東向きの眺め。曽地川と堂前橋。 地図(別画面)
篠山市曽地奥/景色写真




●曽地奥地区最西端の家々。県道308号曽地中三田線はこの先の山を越えて三田市母子へ抜けている。 地図(別画面)
篠山市曽地奥/景色写真




 篠山市曽地奥/孫谷池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●中山の麓にある水のきれいな池。池の縁に石積みされた小道があり奥の方まで続いている。
篠山市曽地奥/孫谷池写真




 篠山市曽地奥/高嶽、中山    Trail-20170507
●曽地奥林道頂上近くの関電巡視路取り付き。高嶽の登山口となる。 地図(別画面)
篠山市曽地奥/高嶽登山口写真


●高嶽頂上(574m)。樹木の為眺望なし。 地図(別画面)
篠山市曽地奥/高嶽写真


●中山頂上(557m)。こちらも樹木の為眺望なし。高嶽〜中山の稜線は快適な山道がある。 地図(別画面)
篠山市曽地奥/中山写真


●高嶽と中山を結ぶ稜線上にある雁坂峠。南150mにNo147送電鉄塔がある。 地図(別画面)
篠山市曽地奥/雁坂峠写真




 篠山市曽地奥/火の見櫓 ここをMapion地図で見る(別画面)
●コンクリート柱式の火の見櫓が畦道に立っている。写真左端は八幡神社。
篠山市曽地奥/火の見櫓写真




 篠山市曽地奥/火の見櫓 ここをMapion地図で見る(別画面)
●「4本脚」型でありながら、敷地の都合で基部は3本脚になっている。
篠山市曽地奥/火の見櫓写真




 篠山市曽地奥/神明神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●竹林にある白い鳥居が県道からでも目立つ。この近くに「神明前」というバス停がある。
篠山市曽地奥/神明神社写真


●鳥居を潜って山道を登って行くと、朱色の鳥居とこの祠がある。覆屋は朽ちている。
篠山市曽地奥/神明神社写真


●更に山道を登ると平地になり、祠が立っている。
篠山市曽地奥/神明神社写真




 篠山市曽地奥/八幡神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●県道308号曽地中三田線沿いに立っている神社。道と並行に細長い境内があり手前に舞殿がある。
篠山市曽地奥/八幡神社写真


●上の段にある本殿覆屋。社が2つ並んで納まっている。
篠山市曽地奥/八幡神社本殿覆屋写真


●本殿の周りにある摂社。左から道勝神社、正勝神社、廣峰神社、若宮八幡神社、松尾神社、山の神神社、天満神社。
篠山市曽地奥/八幡神社摂社写真




 篠山市曽地奥/稲荷神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●道が分からず、草深くて接近出来ない。森の中に鳥居が見える。
篠山市曽地奥/稲荷神社写真


●再訪。家々の方に小道がある。茶畑の中に立つ節の多い第一鳥居と奥に第二鳥居も見える。
篠山市曽地奥/稲荷神社写真


●急な参道を登ると広場になり、石積みの上に社が立っている。扁額に「正一位稲荷社」とある。
篠山市曽地奥/稲荷神社写真




 篠山市曽地奥/曽地奥林道 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20150221
●県道308号線にある峠道への進入口。電柱のステーに「後川奥・母子方面」の案内板が付いている。 地図(別画面)
篠山市曽地奥/曽地奥林道写真


●曽地奥と後川奥を結ぶ峠の頂上。古坂峠を越すよりなだらかなルート。
篠山市曽地奥/曽地奥林道写真


●後川奥地区側から見た峠登り口。山沿いを右へ向いて坂道が付いている。 地図(別画面)
篠山市曽地奥/曽地奥林道写真




▲ 篠山市曽地奥 ▲ 篠山市辻 ▼ 篠山市西荘 ▼
 篠山市辻/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●辻の火の見櫓から集落内へ入った所の眺め。こういう里道に出会うとポタリングの楽しさが倍増する。
篠山市辻/景色写真




 篠山市辻/淀山城址 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160211
●辻の通りから城址のある小山遠望。淀山城は波々伯部氏の居城として造られた。
篠山市辻/淀山城址写真


●山頂に淀山城本丸(主郭)がある。波々伯部云々と刻まれた石碑が立っている。
篠山市辻/淀山城址本丸写真


●本丸から西方向の眺め。中央やや右に見える高城山に波多野氏の八上城があった。
篠山市辻/淀山城址写真


●堅堀が何本か造られている。麓から山頂まで遊歩道がついている。
篠山市辻/淀山城址堅堀写真


●本丸から一段下の曲輪。建物の礎石が並んでいる。
篠山市辻/淀山城址曲輪写真


●埋まっているが井戸の石積みが残っている。
篠山市辻/淀山城址井戸写真




 篠山市辻/飛曽山 ここをMapion地図で見る(別画面)
●辻富士とも呼ばれる飛曽山の山頂(663m)。先端に大岩があり乗ると眺望が良い。
篠山市辻/飛曽山写真


●人気のある山らしく山頂プレートが沢山付いている。
篠山市辻/飛曽山写真


●南方向の眺望。縦走コースのシドロ北峰、北中山、丈山が遠望できる。
篠山市辻/飛曽山写真


●北西方向の樹間から篠山盆地が見える。
篠山市辻/飛曽山写真




 篠山市辻/大仙寺古墳 ここをMapion地図で見る(別画面)
●宅地にある円墳。周囲が石積みされ、壇上に祠がある。
篠山市辻/大仙寺古墳写真




 篠山市辻/東山城址 ここをMapion地図で見る(別画面)
●辻の里道から東山城址のある小山の眺め。城址部分は樹木で覆われないよう適切に伐採されている。
篠山市辻/東山城址写真


●登山口の案内看板。東山城は波々伯部氏一族・兵庫助光興が築城。
篠山市辻/東山城址案内看板写真


●登山口。防護柵の電線フックを外して入れる。登山道は登りやすく整備されている。 地図(別画面)
篠山市辻/東山城址登山口写真


●竪堀(たてほり)の跡。上下方向の堀。敵の横移動を妨げたり、堀で敵が一列になるので迎撃しやすくなる。
篠山市辻/東山城址竪堀写真


●六段の郭(曲輪くるわ)跡。斜面に段々状の平地が六つ造られている。防御の兵が駐屯した。
篠山市辻/東山城址六段の郭写真


●土塁。敵の侵入を防いだり、視界を遮るための高さ1m程の盛り土がある。
篠山市辻/東山城址土塁写真


●山頂の本郭(本丸)。防御のため山頂全周囲が掘り込まれている。
篠山市辻/東山城址本郭写真




 篠山市辻/塔ノ谷地蔵(奥山の地蔵) ここをMapion地図で見る(別画面)
●「山の郵便屋さんの通った道」沿いにある地蔵尊。標識には「奥山の地蔵」とある。
篠山市辻/塔ノ谷地蔵写真




 篠山市辻/毘沙門窟 ここをMapion地図で見る(別画面)
●林道沿いに灯籠と鳥居が立っている。途中で道が消えるが沢の奥を目指して登ると洞窟がある。 地図(別画面)
篠山市辻/毘沙門窟写真


●谷水が滝となって流れ落ちる岩壁が現れ、えぐれた部分に祠や石仏が安置されている。
篠山市辻/毘沙門窟写真


●祠の中に木彫りの毘沙門天像が安置されている。
篠山市辻/毘沙門窟写真




 篠山市辻/シドロ北峰 ここをMapion地図で見る(別画面)
●30m四方はありそうに見える広く平坦なシドロ北峰山頂(723m)。
篠山市辻/シドロ北峰写真


●標高のみ記された山頂プレート。
篠山市辻/シドロ北峰写真


●飛曽山へ向かって山頂から北へ少し歩いた所にある大岩。特徴があって記憶に残りやすい。
篠山市辻/シドロ北峰写真




 篠山市辻/北中山(シドロ大丸・丈山北峰) ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20150111
●ここから「山の郵便屋さんの通った道」を辿る。北中山はシドロ北峰の裏側にある。 地図(別画面)
篠山市辻/山の郵便屋さんの通った道写真


●山の麓にある「勘助屋敷跡」。遺構らしきものは見当たらず。 地図(別画面)
篠山市辻/勘助屋敷跡写真


●辻峠を目指して沢沿いの道を進む。山の郵便屋さんもこの辺を通ったのだろうか。 地図(別画面)
篠山市辻/北中山写真


●辻峠に出られず断念。稜線伝いに北上して北中山(726m)の山頂に到着。 地図(別画面)
篠山市辻/北中山写真


●山頂プレート。北中山、シドロ大丸、丈山北峰・・・3つの呼び方がある。この北にシドロ北峰(723m)もありややこしい。
篠山市辻/北中山山頂プレート写真




 篠山市辻/向井塚 ここをMapion地図で見る(別画面)
●辻の里道を進んでいると田んぼの中に林になった塚がある。
篠山市辻/向井塚写真


●塚の上に平入りの祠が安置されている。
篠山市辻/向井塚写真




 篠山市辻/四本杉 ここをMapion地図で見る(別画面)
●辻地区を通り過ぎると林道鶴沢線がある。林道を100m程進むと鳥居と四本杉が見えてくる。
篠山市辻/四本杉写真


●大迫力。幹が途中から4本に分かれている。樹齢700〜800年、樹高30m、幹周り9mあり郷土記念物に指定されている。
篠山市辻/四本杉写真


●正一位稲荷大明神を中央にして摂社が並んでいる。辻の山の神。
篠山市辻/四本杉写真


●境内の毘沙門天王塚。
篠山市辻/四本杉写真


●谷水が導かれた手水場。苔が永い時の流れを感じさせる。
篠山市辻/四本杉写真




 篠山市辻/東照山大仙寺(曹洞宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●門柱から山門までの間にあるドウザンツツジの紅葉が映えている。
篠山市辻/東照山大仙寺写真


●本堂。庭の木々がまだ細いので繊細な感じがする。
篠山市辻/東照山大仙寺本堂写真


●山門の左手にある観音菩薩像。
篠山市辻/東照山大仙寺観音菩薩像写真




 篠山市辻/火の見櫓・道しるべ ここをMapion地図で見る(別画面)
●旧デカンショ街道(旧国道372号線)から里道に分岐する所に立っている。
篠山市辻/火の見櫓写真


●「すぐ京いせ 右やま道」と刻まれている。真っ直ぐ進めば京都・伊勢方面。
篠山市辻/道しるべ写真


●辻見どころマップ。眺めていると行ってみたくなる。
篠山市辻/道しるべ写真




 篠山市辻/大池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●大池奥の山裾に大池谷という原風景が広がっている。
篠山市辻/大池写真




 篠山市辻/金楽寺(浄土真宗本願寺派) ここをMapion地図で見る(別画面)
●日置から福住へは飛曽山峠を通る他に山道を通って箱谷へ出る道もある。その経路にあるお寺。
篠山市辻/金楽寺写真




 篠山市辻/飛曽山峠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●国道372号線が通る急カーブの峠道。切り通しのため歩道などなく、自転車で走るのは恐ろしい。
篠山市辻/飛曽山峠写真


●峠の北側土手上にある往来安全碑。表と裏に南無妙法蓮華経と刻まれている。 地図(別画面)
篠山市辻/飛曽山峠往来安全碑写真




 篠山市辻/地蔵 ここをMapion地図で見る(別画面)
●飛曽山峠を西に抜けた所にある。
篠山市辻/地蔵写真




▲ 篠山市辻 ▲ 篠山市西荘 ▼ 篠山市野々垣 ▼
 篠山市西荘/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●高城山東麓の緩斜面にある30軒程の地区。
篠山市西荘/景色写真




 篠山市西荘/龍池山金剛寺(浄土真宗本願寺派) ここをMapion地図で見る(別画面)
●西荘が見渡せる見晴らしの良い高台にある。
篠山市西荘/龍池山金剛寺写真


●本堂の前にまだ新しい親鸞聖人像がある。
篠山市西荘/龍池山金剛寺本堂写真




 篠山市西荘/火の見櫓 ここをMapion地図で見る(別画面)
●半鐘と風見鶏が無く、ホースハンガーが残る櫓。左は旧山陰街道、右は旧国道372号線。※2015.7.20撤去されていた
篠山市西荘/火の見櫓写真




▲ 篠山市西荘 ▲ 篠山市野々垣 ▼ 篠山市畑井 ▼
 篠山市野々垣/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●口池の堤防から北方向の眺め。4月中旬、田植えの準備が進んでいる。
篠山市野々垣/景色写真




 篠山市野々垣/鞍塚古墳 ここをMapion地図で見る(別画面)
●前方後円墳。全長45m、後円部径21mと大きいが丘部分が削平され畑になっている。
篠山市野々垣/鞍塚古墳写真




 篠山市野々垣/神明塚古墳 ここをMapion地図で見る(別画面)
●径2m、高1mの円墳。塚の上に小さな灯籠が置かれている。
篠山市野々垣/神明塚古墳写真




 篠山市野々垣/奥池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●野々垣を高城山の南側山麓に沿って一番奥まで行った所にある。伴侶を誘う小鳥の鳴き声が凄まじい。
篠山市野々垣/奥池写真




 篠山市野々垣/八幡神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●里道の常夜灯。真っ直ぐ先の鎮守の森に八幡神社の鳥居が見えている。
篠山市野々垣/八幡神社常夜灯写真


●石垣、灯籠、鳥居、石段・・・・堂々とした社頭の構え。
篠山市野々垣/八幡神社社頭写真


●石段を登ると割拝殿があり、参道が中を通っている。
篠山市野々垣/八幡神社割拝殿写真


●本殿。こちらの灯籠も基部が大きく堂々としている。
篠山市野々垣/八幡神社本殿写真


●本殿の周りにこのような摂社が3つある。
篠山市野々垣/八幡神社摂社写真




 篠山市野々垣/火の見櫓 ここをMapion地図で見る(別画面)
●野々垣公民館の前に立っている。この公民館は門柱、庭、建物が調和して味があり眺めていると郷愁を覚える。
篠山市野々垣/火の見櫓写真




 篠山市野々垣/心月山徳寿寺(曹洞宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●里道に立つ山号柱を目印に坂道を登るとこの門柱がある。奥の建物は本堂。
篠山市野々垣/心月山徳寿寺門柱写真


●本堂右側に観音堂がある。表札に郡四国霊場第五十三番と記されている。
篠山市野々垣/心月山徳寿寺観音堂写真


●境内にある地蔵堂。中央は水子地蔵尊。
篠山市野々垣/心月山徳寿寺地蔵堂写真


●境内の一角に徳寿寺稲荷社がある。明治時代に伏見稲荷社のご分霊を勧請して創建された。
篠山市野々垣/徳寿寺稲荷社写真


●朱に塗られた稲荷社。
篠山市野々垣/徳寿寺稲荷社写真


●社の横に経塚と歌碑がある。
篠山市野々垣/経塚と歌碑写真


●社の裏手に三十三観音石像が安置されている。
篠山市野々垣/三十三観音石像写真




 篠山市野々垣/口池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●陥没していた池の堤体が平成4年に改修された。
篠山市野々垣/口池写真




 篠山市野々垣/照光寺(浄土真宗本願寺派) ここをMapion地図で見る(別画面)
●浄土真宗本願寺派のお寺。
篠山市野々垣/照光寺写真




▲ 篠山市野々垣 ▲ 篠山市畑井 ▼ 篠山市畑市 ▼
 篠山市畑井/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●畑井地区の里道から北向きの眺め。左の山は山頂にアンテナが何本も立っている衣笠山。
篠山市畑井/景色写真




 篠山市畑井/明照寺(浄土真宗本願寺派) ここをMapion地図で見る(別画面)
●畑井の東端にあるお寺。浄土真宗本願寺派。
篠山市畑井/明照寺写真




 篠山市畑井/母上八幡神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●参道入り口に社号標が立っている。めずらしい「母上ハハカベ」という社名。
篠山市畑井/母上八幡神社社頭写真


●参道脇の檜は皮が綺麗に剥いてある。階段の先に覆屋が見えている。
篠山市畑井/母上八幡神社参道写真


●神殿。縁側の左右に焼き物の狛犬が置いてある。
篠山市畑井/母上八幡神社神殿写真


●境内にある稲荷神社。
篠山市畑井/母上八幡神社摂社写真


●参道の途中にある石造りの大日堂。
篠山市畑井/母上八幡神社大日堂写真




▲ 篠山市畑井 ▲ 篠山市畑市 ▼ 篠山市日置 ▼
 篠山市畑市/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●畑市の里道から、弥十郎ヶ嶽方面の眺め。こちらからの登山は薬師野ヶ原コースと呼ばれる。
篠山市畑市/景色写真




 篠山市畑市/利座衛門地蔵 ここをMapion地図で見る(別画面)
●江戸時代、村に貢献した人物の供養碑。
篠山市畑市/利座衛門地蔵写真




 篠山市畑市/途中池(当中池) ここをMapion地図で見る(別画面)
●弥十郎ヶ嶽の薬師野ヶ原登山コースの登山口にある池。畔は旧キャンプ場。
篠山市畑市/途中池写真




 篠山市畑市/灰小屋 ここをMapion地図で見る(別画面)
●藁を燃やして灰を作る灰小屋。壁に埋め込まれた石がインパクトある。
篠山市畑市/灰小屋写真




 篠山市畑市/薬王山西光寺宝蔵(曹洞宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●西光寺収蔵の薬師如来坐像、多聞天立像、増長天立像、持国天立像(いずれも国指定重要文化財)が保管されている。
篠山市畑市/薬王山西光寺宝蔵写真




 篠山市畑市/蛭子神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●西光寺宝蔵と道を挟んで鎮座している。
篠山市畑市/蛭子神社写真




 篠山市畑市/池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●西光寺跡の向いにある小さな池。
篠山市畑市/池写真




 篠山市畑市/西光寺跡 ここをMapion地図で見る(別画面)
●ガランとした広場で石柱が僅かに残っているだけ。正面の大木は兵庫県指定郷土記念物のネズの大木。
篠山市畑市/西光寺跡ネズ写真




 篠山市畑市/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●正面に見える山頂にアンテナ塔があるのは衣笠山。更にその向こうは多紀アルプス。
篠山市畑市/景色写真




▲ 篠山市畑市 ▲ 篠山市日置 ▼ 篠山市波々伯部 ▼
 篠山市日置/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●これは旧国道。日置は元々八上新だったが昭和35年から日置となった。
篠山市日置/景色写真




 篠山市日置/石門心学中立舎跡 ここをMapion地図で見る(別画面)
●江戸時代中期の思想家・石田梅岩を開祖とし、忠孝信義を説く寺子屋だった。
篠山市日置/石門心学中立舎跡写真


●伊能忠敬篠山領測量の道碑が最近立てられた。文化十一年に測量が実施された様子が刻まれている。
篠山市日置/伊能忠敬篠山領測量の道碑写真




 篠山市日置/波部黒大豆発祥の地看板 ここをMapion地図で見る(別画面)
●国道372号線沿いに立つ大きな看板。波部黒大豆は丹波黒大豆のルーツにあたるとの説明。
篠山市日置/波部黒大豆発祥の地看板写真




 篠山市日置/灌漑用水井戸 ここをMapion地図で見る(別画面)
●昭和3年に造られたレトロチックな外観のポンプ小屋と井戸施設。灌漑面積は二十九丁。
篠山市日置/灌漑用水井戸写真


●建物の横に「灌漑用水井戸記念碑」が立っている。
篠山市日置/灌漑用水井戸写真




 篠山市日置/丸ポスト ここをMapion地図で見る(別画面)
●城東小学校東門の門柱横に立っている。絶妙な向きに設置されている。
篠山市日置/丸ポスト写真




 篠山市日置/篠山市役所城東支所 ここをMapion地図で見る(別画面)
●この広場が城東味まつりの会場になる。奥の建物は篠山市B&G海洋センター(体育館)。
篠山市日置/篠山市役所城東支所写真




 篠山市日置/日置村道路元標 ここをMapion地図で見る(別画面)
●道路沿いから移設されて日置公民館前に立っている。年代物の消防ポンプ車が置いてある。
篠山市日置/日置村道路元標写真


●横から日が当たると影が出来て文字がはっきり見える。設置年等は刻まれていない。
篠山市日置/日置村道路元標写真




 篠山市日置/丸ポスト ここをMapion地図で見る(別画面)
●旧国道372号線沿いの日置駐在所のある交差点に立っている。
篠山市日置/丸ポスト写真




 篠山市日置/城東中学校跡 ここをMapion地図で見る(別画面)
●昭和22年創立。篠山東中学校に統合のため平成10年閉校された。
篠山市日置/城東中学校跡写真




 篠山市日置/大公孫樹 ここをMapion地図で見る(別画面)
●国道372号線の交差点に御神木の公孫樹(イチョウ)が雌雄一対ある。篠山の名木。その右手は「日置の里公園」。
篠山市日置/大公孫樹写真




 篠山市日置/奪衣婆の祠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●大イチョウの間に木の幹をくり抜いて作った祠があり、奪衣婆が祀られている。他に沢山の五輪塔も祀られている。
篠山市日置/奪衣婆の祠写真




 篠山市日置/坂東屋敷跡 ここをMapion地図で見る(別画面)
●城東支所前交差点辺りに坂東篤之助の屋敷があった。篠山藩家臣として活躍した人物であり腰バンド生みの親。
篠山市日置/坂東屋敷跡写真




 篠山市日置/磯宮八幡神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●参道に大きな杉の木が並んでいる。篠山盆地の東南岸水辺にあるので磯之宮、あるいは五十社之宮が転じたものか。
篠山市日置/磯宮八幡神社参道写真


●平安時代の創建。室町時代に足利尊氏が京都で戦いに敗れ、九州へ向かう途中に参拝したとの伝え。
篠山市日置/磯宮八幡神社写真


●武運長久の守り神として武将から崇敬された。現社殿は江戸時代後期に建てられたもの。
篠山市日置/磯宮八幡神社写真


●平成27年、桧皮葺だったが銅板葺に改修された。
篠山市日置/磯宮八幡神社銅板葺に改修写真


●本殿に寄木造りの木製狛犬が据えられている。眼球が取れているためミイラの様な顔付きになっている。
篠山市日置/磯宮八幡神社狛犬写真


●境内にある朱色の稲荷神社と天満神社。左端は秋葉権現の灯籠。
篠山市日置/磯宮八幡神社摂社写真


●境内の摂社。左から水神神社、秋葉神社、杜氏の神様、石造りの三宝荒神。
篠山市日置/磯宮八幡神社摂社写真


●境内にある仏像庫(左)と護摩堂(右)。平安時代後期の重要文化財が安置されている。
篠山市日置/磯宮八幡神社仏像庫と護摩堂写真


●境内にある招魂社。294柱の英霊が祀られている。
篠山市日置/磯宮八幡神社招魂社写真


●神社北側にある裏手の鳥居。立派なゴボウ締めの注連縄が映えている。
篠山市日置/磯宮八幡神社裏手の鳥居写真


●境内にある篠山の名木・老紅梅は3月22日で三分咲き。若木は満開なのに老木になる程ゆっくり咲く模様。
篠山市日置/磯宮八幡神社老紅梅写真




 篠山市日置/裸ガヤ ここをMapion地図で見る(別画面)
●磯宮八幡神社境内にカヤの巨木が3本ある。その内の1本の実は渋皮があるのみで殻が無く、裸ガヤと呼ばれている。
篠山市日置/裸ガヤ写真


●裸ガヤは国指定天然記念物。足利尊氏が蒔いた種が成長したと伝えられ、樹高20m幹周5m推定樹齢600〜700年。
篠山市日置/裸ガヤ写真


●突然変異によって生じたもので、黒く縮んだようになっているのが裸ガヤの実。世界唯一の珍木。
篠山市日置/裸ガヤ写真




 篠山市日置/立石の道しるべ ここをMapion地図で見る(別画面)
●京阪分岐点。左は旧国道372号線で京都方面へ、右は県道12号川西篠山線に出て大阪方面に至る。
篠山市日置/立石の道しるべ写真


●大人の背丈程ある大きな道標に「左西京 右大阪」と刻まれている。京都街道と大阪街道の分岐点になる。
篠山市日置/立石の道しるべ写真


●明治18年、大阪街道改修を記念して立てられた。裏面に大阪道改修築記がびっしり刻まれている。
篠山市日置/立石の道しるべ写真




 篠山市日置/立石地蔵尊 ここをMapion地図で見る(別画面)
●古い五輪塔の一部と石仏が集めてある。平成7年に新しい地蔵菩薩像が安置され供養されている。
篠山市日置/立石地蔵尊写真




 篠山市日置/国鉄篠山線丹波日置駅跡 ここをMapion地図で見る(別画面)
●線路跡は国道372号線(写真手前)になっている。道路の向こう側にあるのは推測・プラットホームらしき構造物。
篠山市日置/国鉄篠山線丹波日置駅跡写真




 篠山市日置/城東小学校(旧日置小学校) ここをMapion地図で見る(別画面)
●平成22年、日置/後川/雲部3校が統合し日置小学校(明治6年創立)の場所に城東小学校が誕生した。
篠山市日置/城東小学校写真




 篠山市日置/曽地口常夜灯 ここをMapion地図で見る(別画面)
●田畑の中の三差路に立っている。奥に見えるのは磯宮八幡神社の鎮守の森。
篠山市日置/曽地口常夜灯写真




 篠山市日置/大師堂・千体地蔵 ここをMapion地図で見る(別画面)
●左が大師堂、右が江戸時代中期に奉建された千体地蔵堂。大師堂の前にも地蔵がある。
篠山市日置/大師堂・千体地蔵写真


●千体地蔵堂中央の地蔵尊を江戸時代後期に置かれた小さな地蔵尊が取り囲んでいる。
篠山市日置/大師堂・千体地蔵写真




▲ 篠山市日置 ▲ 篠山市波々伯部 ▼ 篠山市宮ノ前 ▼
 篠山市波々伯部/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●波々伯部神社前の眺め。かつては篠山盆地の東南岸水辺に位置し、波泊部と呼ばれていたが転じて波々伯部になった。
篠山市波々伯部/景色写真




 篠山市波々伯部/日置の一里塚 ここをMapion地図で見る(別画面)
●波々伯部神社の青銅鳥居の辺りが日置の一里塚だった。遺構は無く、石標が立っているだけ。
篠山市波々伯部/日置の一里塚写真




 篠山市波々伯部/波々伯部神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●平安時代の創建。旧デカンショ街道(旧国道372号)に面して鳥居が立っている。
篠山市波々伯部/波々伯部神社写真


●11月中旬、紅葉した大ケヤキ。篠山の名木に選定されている。
篠山市波々伯部/波々伯部神社ケヤキ写真


●室町時代作の青銅鳥居(市指定文化財)。「武運長久 諸民安穏 天下泰平 五穀成就」と刻まれている。
篠山市波々伯部/波々伯部神社青銅鳥居写真


●鳥居を潜ってすぐ右手にあるケヤキらしき切り株。大きさからすると境内の杉と同じ樹齢700年か。
篠山市波々伯部/波々伯部神社写真


●手水舎。水口は迫力のある龍。
篠山市波々伯部/波々伯部神社手水舎写真


●丹波の祇園さんと呼ばれている。広い境内の御神木は樹齢700年。
篠山市波々伯部/波々伯部神社写真


●8月例祭で飾られた神殿。山車の宮入りと神輿の渡御がある。3年毎にお山の神事がある。
篠山市波々伯部/波々伯部神社神殿写真


●例祭でお披露目されている神輿。精巧な飾り物に目を引かれる。
篠山市波々伯部/波々伯部神社神輿写真


●宮ノ前地区の山車。他に井ノ上、北嶋、畑井、小中、辻、上宿、畑市にもあり計8基。御祝儀が披露されている。
篠山市波々伯部/波々伯部神社山車写真


●境内の西側に勢揃いした山車4基。一番奥の1基は舟の形をした船山。夕立対策のブルーシートを屋根に積んでいる。
篠山市波々伯部/波々伯部神社山車写真


●反対の東側にも4基揃った。山鉾に神輿の担ぎ棒を組み合わせたような構造になっている。
篠山市波々伯部/波々伯部神社山車写真


●神社から御旅所へ向けて猿田彦を先頭に神幸行列が進む。この後ろに山車が続く。
篠山市波々伯部/波々伯部神社神幸行列写真


●例祭2日目15時50分頃、待ちに待った山車八基の揃い踏みとなった。この後、御旅所で円陣になる。 地図(別画面)
篠山市波々伯部/波々伯部神社山車八基の揃い踏み写真


●境内の摂社。屋根の造りがそれぞれ違っている。
篠山市波々伯部/波々伯部神社摂社写真


●釣鐘のない鐘楼。護摩堂や鐘楼があり江戸時代は神仏習合の祇園寺だった。
篠山市波々伯部/波々伯部神社鐘楼写真




▲ 篠山市波々伯部 ▲ 篠山市宮ノ前 ▼ page end ▼
 篠山市宮ノ前/景色 ここをMapion地図で見る(別画面)
●宮ノ前公民館前の旧国道に立って東向きの眺め。
篠山市宮ノ前/景色写真




 篠山市宮ノ前/ふの木東古墳 ここをMapion地図で見る(別画面)
●田の中にある円墳。径19m、高さ3m。横穴式石室の石材が露出し、石室内を見ることができる。
篠山市宮ノ前/ふの木東古墳写真




 篠山市宮ノ前/赤星塚古墳 ここをMapion地図で見る(別画面)
●山腹にある中世墓。円丘径4.8m、高さ1m。石塔に遍照金剛霊碑と刻まれている。五輪塔も見える。
篠山市宮ノ前/赤星塚古墳写真


●近くに朱色の祠が祀られている。
篠山市宮ノ前/赤星塚古墳祠写真




 篠山市宮ノ前/稲荷神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●波々伯部神社近くの里道から鳥居が見える。
篠山市宮ノ前/稲荷神社写真


●祠が朽ちかけていて、御神体は波々伯部神社護摩堂へ移されている。昔は子供の稲荷講があった。
篠山市宮ノ前/稲荷神社写真




 篠山市宮ノ前/火の見櫓 ここをMapion地図で見る(別画面)
●波々伯部神社の前に立っている。火の見櫓と言うより消火ホースを干すための塔か。手前は辻川。
篠山市宮ノ前/火の見櫓写真




 篠山市宮ノ前/大歳神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●田畑に囲まれた鎮守の森は遠くからでも目立つ。波々伯部神社祇園祭の御旅所。大歳森さんと呼ばれる。
篠山市宮ノ前/大歳神社写真


●鎮守の森の中にあるのはこの社殿だけ。鳥居、灯籠、手水場・・・見当たらず。お旅祭りの飾りがされている。
篠山市宮ノ前/大歳神社写真


●例祭では600m程離れた波々伯部神社から山車が神幸行列でやって来る。前輪を浮かせて方向転換し御旅所に入る。
篠山市宮ノ前/大歳神社写真


●8基の山車が社殿を中心に円陣を組むように並んでゆく。上で囃子をしている乗子は大変だろう。




 篠山市宮ノ前/広告塔 ここをMapion地図で見る(別画面)
●お寺の広告塔。ここまで赤錆びになると逆に景色に溶け込んでいる。
篠山市宮ノ前/広告塔写真




 篠山市宮ノ前/蛭子神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●旧国道に面して宮ノ前公民館の隣にある。前庭が造り込まれている。
篠山市宮ノ前/蛭子神社写真


●十日戎の提灯が下がっている。往時、郡東部の市場として繁盛し商売神である戎神が祀られた。
篠山市宮ノ前/蛭子神社写真


▲ 篠山市宮ノ前 ▲ page end

Home > Photo > 篠山市・日置小学校区    前ページへ戻る