page top

Home > Photo > 篠山市外エリア/兵庫県    前ページへ戻る
篠山市外エリア/兵庫県の写真
朝来市 ▼ 加古川市 ▼
 朝来市生野町口銀谷/風景 ここをMapion地図で見る(別画面)
●静かな街並み。姫宮神社の例祭で紙手(梵天)が町中の方々に立っている。 地図(別画面)
朝来市生野町口銀谷/風景写真


●生野代官所跡。生野城本陣跡地が小公園になり生野義挙碑が立っている。 地図(別画面)
朝来市生野町口銀谷/風景写真


●市川に沿って鉱石運搬用トロッコ軌道が大正時代に造られた。川岸のアーチが橋脚を連想させる。 地図(別画面)
朝来市生野町口銀谷/風景写真


●明治に建てられた生野警察署庁舎(朝来市指定文化財)。現在は公民館として利用されている。 地図(別画面)
朝来市生野町口銀谷/風景写真


●カラミ公園のカラミ石。鉱石精錬工場で出る炉の溶岩を固めたもの。 地図(別画面)
朝来市生野町口銀谷/風景写真


●但陽美術館。但陽信用金庫が建てた美術館。 地図(別画面)
朝来市生野町口銀谷/風景写真


●メインストリートの市役所前。電線地中化されているので景観がスッキリしている。 地図(別画面)
朝来市生野町口銀谷/風景写真




 朝来市生野町口銀谷/姫宮神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●社頭にて。市川を跨いで参道が付いている。
朝来市生野町口銀谷/姫宮神社写真


●参道の石段から振り向いて姫宮橋の眺め。幟や紙手が祭気分を盛り上げる。
朝来市生野町口銀谷/姫宮神社写真


●室町時代(応永34・1427年)、生野城の鎮守社として豊玉姫命を勧請して創建された。
朝来市生野町口銀谷/姫宮神社写真


●狛犬。阿形・吽形とも玉取りだがこれ程大きな玉は見たことが無い。
朝来市生野町口銀谷/姫宮神社写真


●境内の手水舎。分かりやすく漱水と刻まれている。
朝来市生野町口銀谷/姫宮神社写真




 朝来市生野町竹原野/生野ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160618
●1972年竣工の多目的ダム。市川本流の上流部にある重力式コンクリートダム。
朝来市生野町竹原野/生野ダム写真


●幅の狭い天端部。周回道路が付いている。
朝来市生野町竹原野/生野ダム写真


●水音が響く放水路側の眺め。下流から野道を歩いてダム直下近くまで行ける。
朝来市生野町竹原野/生野ダム写真


●国道から見たダム堰堤。手前に管理棟と見学者用トイレがある。
朝来市生野町竹原野/生野ダム写真


●ダムによって誕生した銀山湖は姫路市の水がめになっている。水神社の小島が浮かんでいる。 地図(別画面)
朝来市生野町竹原野/生野ダム写真




 朝来市生野町黒川/黒川ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160618
●生野ダムと同じ市川の最上流部にあるダム。1974年竣工のロックフィルタイプ。
朝来市生野町黒川/黒川ダム写真


●石が敷き詰められた高さ98m長さ325mの堰堤は大迫力であり芸術的でもある。
朝来市生野町黒川/黒川ダム写真


●天端部。石が並べてあり公園のような雰囲気がある。
朝来市生野町黒川/黒川ダム写真


●放水路側の眺め。ロックフィルの石は単に置いただけなので地震でころがり落ちないかと案ずる。
朝来市生野町黒川/黒川ダム写真


●堰堤で誕生した黒川ダム湖。この水を使って多々良木ダムとの間で揚水発電している。
朝来市生野町黒川/黒川ダム写真


●堰堤の内側も石が並べてある。展望台の横にあった風力発電風車は解体撤去されていた。
朝来市生野町黒川/黒川ダム写真


●黒川ダムから山奥へ1km程の所に青倉神社がある。 地図(別画面)
朝来市生野町黒川/黒川ダム写真


●石段上の社殿裏に御神体の巨岩がある。眼病にご利益がある「目の神様」とのこと。
朝来市生野町黒川/黒川ダム写真


●黒川集落の中央にある黒川温泉。「美人の湯」と呼ばれている。 地図(別画面)
朝来市生野町黒川/黒川ダム写真




 朝来市和田山町久世田/大路ダム ここをMapion地図で見る(別画面)
●1989年竣工の重力式コンクリートダム。洪水対策と水道用水供給の目的で造られた。
朝来市和田山町久世田/大路ダム写真


●拾枚湖という名前の小さなダム湖。写真左の岸辺が親水広場になっている。
朝来市和田山町久世田/大路ダム写真


●天端。自動車が通れるダム湖周回道路はあるが天端上は歩行のみ。管理棟の右上に竹田城跡が見える。
朝来市和田山町久世田/大路ダム写真


●下流側の眺め。こちらも公園になっている。
朝来市和田山町久世田/大路ダム写真




 朝来市和田山町竹田/竹田城跡(虎臥城) ここをMapion地図で見る(別画面)
●円山川の朝来橋から古城山の眺め。山上に竹田城(国史跡指定)の石垣や松の木が見える。
朝来市和田山町竹田/竹田城跡写真


●JR竹田駅越しに竹田城の眺め。良い感じの木造駅舎を見ると往時のJR篠山口駅(木造駅舎は解体された)を思い出す。
朝来市和田山町竹田/竹田城跡写真


●古風な感じが漂う城下町筋。10月に催行される竹田城まつりの横断幕が下がっている。
朝来市和田山町竹田/竹田城跡写真


●JR竹田駅の裏手にある登山口。ここからだと山頂まで40分程かかる。
朝来市和田山町竹田/竹田城跡写真


●登山道。整備されているので歩きやすいが観光客が多いので渋滞する場所がある。
朝来市和田山町竹田/竹田城跡写真


●山頂近くで入城料500円を払う。城内の北千畳に立って本丸方向の眺め。樹木の根元まで踏み固められている。
朝来市和田山町竹田/竹田城跡写真


●南千畳に立って本丸方向の眺め。この松の木が麓から見えている。通路に保護マットが敷かれている。
朝来市和田山町竹田/竹田城跡写真


●南千畳から城下町の眺め。竹田城は室町時代に山名氏が築いたが江戸初期に廃城となった。
朝来市和田山町竹田/竹田城跡写真




 朝来市和田山町筒江/茶すり山古墳 ここをMapion地図で見る(別画面)
●5世紀前半頃に造られた円墳。直径90m、高さ18mあり見物できるように階段や園路が整備されている。
朝来市和田山町筒江/茶すり山古墳写真


●発掘調査で埴輪がこのように並んでいたとのことでレプリカで復元されている。
朝来市和田山町筒江/茶すり山古墳写真


●古墳表面は手の平大の石(葺石)が敷き詰められていた。雨で土が流されないように考えたのだろうか。
朝来市和田山町筒江/茶すり山古墳写真


●墳頂からの眺め。右に見える自動車道がここを通る計画だったが古墳を避けるルートに変更された。
朝来市和田山町筒江/茶すり山古墳写真


●墳頂は直径30m程の平坦地になっていて埋蔵状況がレプリカで再現展示されている。
朝来市和田山町筒江/茶すり山古墳写真




 朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●四世紀頃の創建とされる但馬国随一の古社。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真


●勅使門。かつては4回の勅使参向があったと記されている。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真


●随身門(日の出門)。注連縄が低く張られている。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真


●右側の左大臣。像内の棟札から江戸時代前期に修理されたことが判明している。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真


●内側から見た随身門。こちら側には狛犬が安置されている。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真


●左側の吽形には一本角がある。江戸時代前期の作と見られている。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真


●手水舎。右奥に勅使門が見える。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真


●社殿。石柱(注連縄柱)に輸誠、致敬と刻まれている。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真


●拝殿と本殿。本殿後方の盛り土(円墳)は日子坐王(彦坐王)の墳墓とされる。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真


●左側の狛犬は儀宝珠を咥えた子取りの像。首の向きから見て左右像が入れ替わって配置されている。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真


●床下に水路が通る茗荷神社。他にも天満宮、猿田彦神社、厳島神社、床浦神社、稲荷神社が祀られている。
朝来市山東町粟鹿/粟鹿神社写真




 朝来市多々良木/多々良木ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160618
●1974年竣工の発電専用ダム。大小の岩を敷き詰めたロックフィルという迫力のある造りになっている。
朝来市多々良木/多々良木ダム写真


●堰堤の下に「あさご芸術の森美術館」がある。堤体を近くから眺めるためには入館する必要がある。
朝来市多々良木/多々良木ダム写真


●堤体のダム湖側はアスファルトフェイシングで遮水されている。
朝来市多々良木/多々良木ダム写真


●多々良木貯水池。上流にある黒川ダムとの落差を利用して揚水発電している。
朝来市多々良木/多々良木ダム写真


●堰堤の放水路側。直下は美術館の野外彫刻展示場。
朝来市多々良木/多々良木ダム写真


●周回道路を奥に行くと関電の50万ボルト開閉設備がある。地下100mで水力発電機6基が稼働している。 地図(別画面)
朝来市多々良木/多々良木ダム写真




▲ 朝来市 ▲ 加古川市 ▼ 加西市 ▼
 加古川市平荘町池尻/平荘ダム ここをMapion地図で見る(別画面)
●平荘湖には平荘第1ダムから平荘第4ダムまである。快適な道路(約5km)で平荘湖を周回できる。
加古川市平荘町池尻/平荘ダム写真


●平荘第1ダム。堤体高26m、堤頂長570m、アースダム。1966年竣工。
加古川市平荘町池尻/平荘ダム写真


●堤体東半分はソーラーパネル6,314枚設置された平荘ダム太陽光発電所(出力1.61MW、年間発電量180万kWh)。
加古川市平荘町池尻/平荘ダム写真


●天端から南の眺め。手前は洪水吐導流部。野球グラウンドを挟んで住宅地まで約100m。
加古川市平荘町池尻/平荘ダム写真


●加古川の水を汲み上げて溜める揚水式ダムとなっている。ダムの目的は播磨臨海工業地帯へ水の安定供給。
加古川市平荘町池尻/平荘ダム写真


●平荘第2ダム。堤体高20m、堤頂長670m。又平新田村、弁天池や升田池等の溜め池、多くの古墳が水没した。
加古川市平荘町池尻/平荘ダム写真


●弁財天神社。弁天池の東北隅にあった古墳丘上で祀られていたが水没するのでダム横へ遷宮された。 地図(別画面)
加古川市平荘町池尻/平荘ダム写真


●境内にある家形石棺の蓋。水没前に稚児ヶ窟古墳から移されたもの。石棺の身は志方町・投松公会堂にあるとのこと。
加古川市平荘町池尻/平荘ダム写真




 加古川市平荘町上原/権現ダム ここをMapion地図で見る(別画面)
●権現第1ダム。堤高33m、堤頂長357m、ロックフィルダム。1981年竣工。第1〜第3のダムがある。
加古川市平荘町上原/権現ダム写真


●堤体は企業庁メガソーラープロジェクトにより国内初実施(2014年稼働)された権現ダム太陽光発電所になっている。
加古川市平荘町上原/権現ダム写真


●太陽光パネルが6,912枚設置され最大出力1.76MW、年間190万kWhを発電。ダム下はグラウンドになっている。
加古川市平荘町上原/権現ダム写真


●ダムは加古川工業用水の安定供給を目的に造られた。加古川から水を汲み上げる揚水式ダムとなっている。
加古川市平荘町上原/権現ダム写真


●権現池。越流部分を長くすることで越流量を増やせるラビリンス型(ジグザグ型)と呼ばれる洪水吐。
加古川市平荘町上原/権現ダム写真


●天端から南向きに洪水吐導流部の眺め。
加古川市平荘町上原/権現ダム写真


●権現第3ダム。堤高23m、堤頂長255m、ロックフィルダム。権現池北端に権現総合公園キャンプ場がある。
加古川市平荘町上原/権現ダム写真




▲ 加古川市 ▲ 加西市 ▼ 加東市 ▼
 加西市坂本町/法華山一乗寺(天台宗) ここをMapion地図で見る(別画面)  Trail-20170827/20181110
●寺から1km程西に立つ道しるべ。裏面は「直書写山道」(西国第27番書写山円教寺)と刻まれている。地図(別画面)
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●寺から600m西にある「西の山門」。地蔵尊と山号を刻んだ石標が立ち柱や梁には千社札が残っている。地図(別画面)
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●寺から400m東にある「東の山門」。地蔵尊もあり麓へ向けて昔の参道が残っている。 地図(別画面)
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●兵庫県道206号法華山線に面した寺の正面入口。山門はない。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●入口の石橋の袂に立つ道しるべ。「右きよ水寺八里、左志よしや山五里」。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●寺入口にある「自金堂一町」と刻まれた石造笠塔婆(県指定文化財)。ここから本堂まで100m(一町)。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●参道石段を半分登った所にある常行堂。常行三昧修行をする仏堂で明治元年(1868年)に建てられた。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●本堂手前にある法輪堂。経蔵とも呼ばれ経典(一切経)が保管されているので耐火造りになっている。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●法輪堂中央に傅大士(ぶだいし)像と黄檗(おうばく)版一切経を納めた輪蔵が安置されている。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●法輪堂向かいにある三重塔。上層で屋根が小さくなる造りになっているので高く安定した姿に見える。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●本堂外廊下から三重塔の眺め。塔は平安時代末期(承安元年・1171年)に建立されたもので国宝に指定されている。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●三重塔前から見上げた本堂(金堂)。入口に「大悲閣」と記された扁額が架かっている。西国三十三観音霊場第26番。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●本堂は山の斜面に懸造り(かけづくり)で建てられている。1999年〜2008年に大規模な改修工事が実施された。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●本堂横の鐘楼(県指定文化財)。本堂再建の翌年(寛永6年・1629年)に建立された。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●本堂裏にある手水舎。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●本堂裏側、入口は外廊下を歩いて正面へ。飛鳥時代(白雉元年・650年)、孝徳天皇の勅願により法道仙人が開山した。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●本堂外陣。巡礼者の木札が天井に打ち付けてあり柱には釘だけが残っている。御本尊は聖観音菩薩。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●役行者が祀られている行者堂。江戸初期の建物だが平成11年に解体修理されたので新しく見える。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●左から弁天堂、妙見堂。いずれも室町時代のもので重要文化財に指定されている。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●護法堂(重文)。鎌倉時代に建てられたもので毘沙門天が祀られている。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●本堂から山の方へ200m程行くと法道仙人を祀った奥の院・開山堂がある。 地図(別画面)
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●参道から東へ離れた場所に聖徳太子を祀る太子堂や放生池がある。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●2018年11月、太子堂が再建されていた。
加西市坂本町/法華山一乗寺写真


●放生池から更に東へ行くと見子大明神社がある。 地図(別画面)
加西市坂本町/法華山一乗寺写真




 加西市北条町北条/北栄山羅漢寺(天台宗) ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160716
●中学校、小学校、幼稚園に囲まれた小さな森の中にお寺がある。山号柱を入って右手に受付があり拝観料200円を支払う。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真


●日本庭園のような参道の脇に堂宇が立ち、奥の方に石仏群が見える。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真


●本堂。薬師如来が祀られている。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真


●聖天堂。大聖歓喜天が祀られている。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真


●庚申堂。青面金剛龍王が祀られている。堂内に置かれた金色のふれあい観音に触れることができる。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真


●白壁塀に囲まれた一番奥に北条五百羅漢が並んでいる。目線が合うし数が多いのでインパクトがある。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真


●西端から見た全体配置。中央に釈迦如来像を置き左右に羅漢が配置されている。通路があるので一つ一つ見て歩ける。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真


●石仏の大きさは20〜25cmの角柱で高さ1m程度。台座石に載っている。頭部と胴体は一体もあれば載せたものもある。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真


●南向きに立って山門の方を向いている。背中側は何も彫られていない。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真


●横顔。胴体より顔の方が出ている像が多い。手や持ち物が線彫されている。まれに耳も彫られている。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真


●西端にある明和二年(1765年)作の来迎二十五菩薩。正面に一回り大きな阿弥陀如来像が立っている。
加西市北条町北条/北栄山羅漢寺写真




 加西市北条町北条/住吉神社 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160716
●住吉神社社頭。4世紀前半頃、500m程離れた黒駒村で創建され717年この場所へ遷宮された。
加西市北条町北条/住吉神社写真


●大きな水盤の手水舎。
加西市北条町北条/住吉神社写真


●拝殿。向拝が大きくて立派な造りになっている。
加西市北条町北条/住吉神社写真


●鈴緒が三本下がっている。酒見神、住吉四神、大歳神、八幡神が祀られている。
加西市北条町北条/住吉神社写真


●国指定文化財に登録されている本社三殿造りの神殿。戦火で荒廃したが江戸時代初期に池田輝政が復興した。
加西市北条町北条/住吉神社写真




 加西市北条町北条/泉生山酒見寺(高野山真言宗) ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160716
●仁王門(楼門)。酒見寺は江戸時代に姫路城の守護寺だった。
加西市北条町北条/泉生山酒見寺写真


●本堂(金堂、根本堂)。天平17年(745年)、行基により創建された。元禄2年(1689年)再建。
加西市北条町北条/泉生山酒見寺写真


●美しい音色で響きそうな袴腰付鐘楼。寛文4年(1664年)再建された。
加西市北条町北条/泉生山酒見寺写真


●多宝塔と本堂の間にある堂宇。火頭窓がお寺らしい。
加西市北条町北条/泉生山酒見寺写真


●引声堂(阿弥陀堂、安産堂)。毎年9月になると阿弥陀経を唱えながら本尊の廻りを行道する引声会式が営まれる。
加西市北条町北条/泉生山酒見寺写真


●手前は大きな鈴の付いた地蔵堂、奥は重要文化財に指定されている極彩色の多宝塔。寛文2年(1662年)再建。
加西市北条町北条/泉生山酒見寺写真




 加西市玉野町/山伏峠 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181110
●峠の頂上に石仏が3基ある。山越えする峠道というより石仏への参道だったのだろうか。
加西市玉野町/山伏峠写真


●南側の取り付き。現在はサイクリングロードになっている。
加西市玉野町/山伏峠写真


●古墳の石棺を後年再利用したもので石棺仏と呼ばれる。刻銘から室町初期の造立と推測されている。
加西市玉野町/山伏峠写真


●屋根形になった家形石棺の蓋石が使われている。高2.3m、幅1.2m、厚40cm。凸部分は縄掛突起と呼ばれる。
加西市玉野町/山伏峠写真


●奥の石仏2基。左側は長持型石棺の蓋石を使った石棺仏。高2.1m、幅1.1m、厚18cm。縄掛突起が大きい。
加西市玉野町/山伏峠写真


●蓋石上部がカマボコ状に膨らみ長持型石棺の特徴を示している。近辺に古墳が多く石棺再利用は自然の流れかと。
加西市玉野町/山伏峠写真




▲ 加西市 ▲ 加東市 ▼ 川西市 ▼
 加東市上三草/三草山 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20150927
●麓にある昭和池のほとりから三草山遠望。 地図(別画面)
加東市上三草/三草山昭和池写真


●登山口・三草コースの駐車場。トイレと東屋もある。写真左の方に登山口の看板がある。 地図(別画面)
加東市上三草/三草山駐車場写真


●見晴らしの良い稜線道が続く。山頂は写真右端の平坦部。
加東市上三草/三草山尾根道写真


●三草山頂上(424m)。全周囲眺望良好。周囲の各座が方位同定盤に刻まれている。
加東市上三草/三草山方位同定盤写真


●登って来た西方向の眺め。手前に昭和池があって後方に加東市の平野が広がっている。
加東市上三草/三草山写真


●方位同定盤の横にある二等三角点。風で飛ばされたのか周囲の土が痩せている。
加東市上三草/三草山二等三角点写真


●三草山城址を解説した銘盤碑。
加東市上三草/三草山城址写真


●三草山神社。京都北野天満宮から勧請されたものらしい。
加東市上三草/三草山神社写真


●三草山神社の横にある三草山城臺(台)標。ここで源平合戦があり後に赤松則友が築城した云々と側面に刻まれている。
加東市上三草/三草山三草山城臺(台)標写真


●鹿野コース登山道沿いにある天狗岩。 地図(別画面)
加東市上三草/三草山天狗岩写真


●天狗岩の近くにある四等三角点。山崎独歩会のプレートが木に付いていたので見付けられた。
加東市上三草/三草山四等三角点写真


●鹿野コース登山道にある三草山神社の鳥居。コンパクトに造られている。 地図(別画面)
加東市上三草/三草山鳥居写真


●昭和池のほとりにある大きな記念碑。
加東市上三草/三草山記念碑写真




 加東市黒谷/鴨川ダム ここをMapion地図で見る(別画面)
●鴨川ダムによって誕生した東条湖。バス釣のメッカとして有名。
加東市黒谷/鴨川ダム東条湖写真


●県道75号線から眺めた鴨川ダム。昭和26年竣工。
加東市黒谷/鴨川ダム写真


●ダム天端部。奥まで行くと階段を伝って山に上がれる。
加東市黒谷/鴨川ダム天端部写真


●放水路。
加東市黒谷/鴨川ダム放水路写真


●ダム管理棟の横に平成8年に立てられた改修記念碑がある。
加東市黒谷/鴨川ダム改修記念碑写真




 加東市平木/御嶽山清水寺(天台宗) ここをMapion地図で見る(別画面)  Trail-20150124/20181103
●中央に見えるどっしりした御嶽山(552m)頂上に清水寺がある。京都清水寺と区別するため播州清水寺と呼ばれる。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●御嶽山麓の清水寺登山口。この旧参道を歩いて山上の寺まで約2km。別途自動車専用道路でも行ける。 地図(別画面)
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●旧参道から境内へ向かう石段。石段中程の山門は昭和40年の台風で全壊し礎石と狛犬が残っている。 地図(別画面)
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●山門跡から旧参道へ出た所にある道しるべ。次の第26番札所である法華山一乗寺の方向を指している。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●自動車専用道路の駐車場正面にある仁王門。旧参道からここへ場所を変えて昭和55年再建された。 地図(別画面)
加東市平木/御嶽山清水寺楼門写真


●仁王門から手水舎へ続く境内の山側に古い石積みがある。往時は塔頭や坊舎が多数あったのでその跡地だろう。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●洗心甘露水と大きく刻まれた手水舎。後方は放生池を挟んで大講堂。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●手水舎向かいの薬師堂。堂内中央に薬師如来が奉安され周囲の壁面に十二神将が安置されている。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●放生池。中央にあるのは灯籠のような外観の弁財天社。大講堂横の石段を右上へ行くと根本中堂がある。
加東市平木/御嶽山清水寺放生池と大講堂写真


●放生池横の道しるべ。マニアによると「左なれあい、右なかやま」と刻まれているらしい。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●大講堂。大正2年の火災で多くの伽藍が焼失したが大正6年には大講堂、根本中堂、本坊が再建された。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●大講堂正面入口。奈良時代に講経道場として創建され花山法皇巡拝の縁で西国二十五番札所になった。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●大講堂外陣。御本尊は十一面千手観世音菩薩。大正時代の建物なので線香やロウソクの煤が少なく古びた感じがない。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●昭和57年、常行堂跡地に建てられた地蔵堂。本尊地蔵菩薩を中心に奉納された小さな地蔵が数百体並んでいる。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●根本中堂(金堂)。飛鳥時代に法道仙人が開創。御本尊十一面観世音菩薩は火災の際に自ら避難との伝。
加東市平木/御嶽山清水寺根本中堂写真


●根本中堂の裏手にある宝篋印塔。護摩堂跡に建立されたもので3,333巻の般若心経が納められている。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●境内の一番上にある多宝塔跡(大塔跡)。火災後の大正12年再建されたが昭和40年の台風で大破、取壊しになった。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●おかげの井戸。法道仙人湧水の霊泉で寺名由来の地。井戸の滾浄水に顔を写すと寿命が三年延びるとの伝。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●根本中堂横にある鎮守の稲荷社。荼枳尼天尊(ダキニ)の扁額が架かっている。
加東市平木/御嶽山清水寺写真


●大講堂裏にある鐘楼。梵鐘は大正時代再建の際に山上で鋳造されたもので開運の鐘と呼ばれている。
加東市平木/御嶽山清水寺写真




 加東市上鴨川/住吉神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●鎌倉時代後期に創建された。境内は氏子衆によって美しく手入れされ、大切にされている事が伝わってくる。
加東市上鴨川/住吉神社写真


●檜皮葺屋根の本殿は国の重要文化財に指定されている。現建物は1493年に再々建されたもの。
加東市上鴨川/住吉神社本殿写真


●茅葺屋根の舞殿。毎年10月に国指定重要無形民俗文化財の神事舞が奉納される。
加東市上鴨川/住吉神社舞殿写真




▲ 加東市 ▲ 川西市 ▼ 川辺郡 ▼
 川西市一庫/一庫ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160627
●1983年竣工の重力式コンクリートダム。洪水調節や上水道用水確保に使われ放流した水は猪名川へ流れる。
川西市一庫/一庫ダム写真


●天端部は北摂里山街道として自動車がばんばん走っている。ダム堤直下は一庫唐松公園になっている。
川西市一庫/一庫ダム写真


●知明湖と名付けられたダム湖。富栄養のためか上流の方までアオコが発生している。
川西市一庫/一庫ダム写真


●ダム堤左岸に立つ竣工記念碑。 地図(別画面)
川西市一庫/一庫ダム写真


●V字形になっているダム湖の西側上流部に景色の良い龍化峡がある。 地図(別画面)
川西市一庫/一庫ダム写真


●ボンゴシという木材で造られた龍化吊橋が架かっていて龍化峡を散策できる。
川西市一庫/一庫ダム写真


●吊橋の近くに龍化隧道という素掘りのトンネルがありダム貯水量次第で水没するらしい。 地図(別画面)
川西市一庫/一庫ダム写真


●龍化隧道の上にある新龍化トンネルの横に龍化隧道記念碑が立っている。 地図(別画面)
川西市一庫/一庫ダム写真




▲ 川西市 ▲ 川辺郡 ▼ 神崎郡 ▼
 川辺郡猪名川町林田/くろまんぷ・あかまんぷ跡 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20170304
●猪名川町林田と木津を結ぶ峠の頂部にある。津坂トンネル、林田隧道、くろまんぷと称される。
川辺郡猪名川町林田/くろまんぷ・あかまんぷ跡写真


●西側坑口。明治14年に造られたものでおおよそ間口4m、高さ3m、長さ100m。坑口部分のみ石積みが露出している。
川辺郡猪名川町林田/くろまんぷ・あかまんぷ跡写真


●内部はコンクリで固められ照明もあるが往時は石積み(素掘り露岩?)が暗かったので暗間歩(くろまんぷ)と呼ばれた。
川辺郡猪名川町林田/くろまんぷ・あかまんぷ跡写真


●東側坑口。四角いコンクリートは後から足されたもので10m程奥に当時の石積み坑口が確認できる。
川辺郡猪名川町林田/くろまんぷ・あかまんぷ跡写真


●現役で使われている石積みトンネルとしては日本最古らしい。
川辺郡猪名川町林田/くろまんぷ・あかまんぷ跡写真


●木津側の県道12号線から振り向いて峠の眺め。中央の鞍部に隧道がある。
川辺郡猪名川町林田/くろまんぷ・あかまんぷ跡写真


●明治42年、正面土手部分に杤原隧道が造られた。レンガ作りのため明間歩(あかまんぷ)と呼ばれた。 地図(別画面)
川辺郡猪名川町林田/くろまんぷ・あかまんぷ跡写真


●隧道坑口だったであろう位置に改修記念碑が立っている。隣に県道が出来て使わなくなったので塞がれた。
川辺郡猪名川町林田/くろまんぷ・あかまんぷ跡写真


●反対側の様子。旧道に沿って土留めの石垣が残っている。地図を見るとトンネル長は50m程度になる。
川辺郡猪名川町林田/くろまんぷ・あかまんぷ跡写真




 川辺郡猪名川町木津/八坂神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●隣にある天澤寺の鎮守社として室町時代(1404年)に創建された。長床の下を潜って参道が付いている。
川辺郡猪名川町木津/八坂神社写真




 川辺郡猪名川町木津/龍祇山天澤寺(浄土宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●奈良時代(730年)、行基が楊津院として開創した。石畳の参道が重厚な印象。
川辺郡猪名川町木津/龍祇山天沢寺写真


●本堂。1404年に真言宗から浄土宗に改め再興された。本尊は阿弥陀如来。
川辺郡猪名川町木津/龍祇山天沢寺写真


●庫裏の庭に立つ石灯籠。室町時代初期に造られたもので兵庫県重要文化財に指定されている。
川辺郡猪名川町木津/龍祇山天沢寺写真




▲ 川辺郡 ▲ 神崎郡 ▼ 神戸市 ▼
 神崎郡神河町上小田/坂の辻峠 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181015
●兵庫県道8号多可宍粟線が通る峠道。神崎郡神河町と宍粟市一宮町の境界になる。
神崎郡神河町上小田/坂の辻峠写真


●年々やつれている峠の標柱。
神崎郡神河町上小田/坂の辻峠写真


●鉄の祠に地蔵が二体。
神崎郡神河町上小田/坂の辻峠写真


●峠の看板。ここから雪彦山登山口まで基幹林道雪彦峰山線が通っている。  大きい写真(別画面)
神崎郡神河町上小田/坂の辻峠写真




 神崎郡神河町上小田/夜鷹山 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181015
●林道から夜鷹山南面の遠望。ぼってりしているので山頂から下山する際に迷いやすい。
神崎郡神河町上小田/夜鷹山写真


●山の西麓にある登山口。「夜鷹山展望台0.8km」と記された看板も立っている。 地図(別画面)
神崎郡神河町上小田/夜鷹山写真


●踏み跡が少ない山頂(1,056m)。夜鷹山展望台がある。
神崎郡神河町上小田/夜鷹山写真


●展望台から眺望良好。峰山高原方面の暁晴山にある電波塔は見えるが砥峰高原方面は隠れている。
神崎郡神河町上小田/夜鷹山写真


●展望台の近くにある四等三角点(点名夜鷹山)。
神崎郡神河町上小田/夜鷹山写真




 神崎郡神河町南小田/太田ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181015
●関西電力のロックフィルダム(1995年竣工)。下部調整池(長谷ダム)との間で循環式純揚水式発電が行われている。
神崎郡神河町南小田/太田ダム写真


●太田池と呼ばれるダム湖。太田第一ダムから太田第五ダムまで繋がっている。
神崎郡神河町南小田/太田ダム写真


●美しいロックフィルの堤体。湖畔やダム天端へ立ち入り禁止。
神崎郡神河町南小田/太田ダム写真


●正面の取水口から取り込んだ水は山腹地中にある大河内発電所で水力発電して長谷ダムへ流れ落ちる。
神崎郡神河町南小田/太田ダム写真




 神崎郡神河町川上/砥峰高原とのみね ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180602  Trail-20181015
●6月初旬。映画のロケ地にもなったススキの大群生地。景観維持の為に春になると野焼きが行われる。
神崎郡神河町川上/砥峰高原写真


●10月中旬。ススキが咲き始めた。草原の外回りに放牧馬が逃げないように造られた土塁が残っている。
神崎郡神河町川上/砥峰高原写真




 神崎郡神河町長谷/長谷ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180602  Trail-20181015
●県道39号線側から堤体の眺め。奥に見える山の中に大河内水力発電所と山の向こう側に太田ダムがある。
神崎郡神河町長谷/長谷ダム写真


●天端部。堤頂幅4m、堤高102m、堤頂長254m、下部堤体幅90m。V字型で背が高い。
神崎郡神河町長谷/長谷ダム写真


●堤体上流側。1995年竣工の重力式コンクリートダム。自然越流式の洪水吐が10門並んでいる。
神崎郡神河町長谷/長谷ダム写真


●犬見川を堰き止めてできたダム湖。名称はなく下部調整池と呼ばれている。
神崎郡神河町長谷/長谷ダム写真


●ダム湖右岸の放水・揚水路設備。山上にある太田ダムと水管で繋がっていて揚水式発電所になっている。
神崎郡神河町長谷/長谷ダム写真


●下流側。山の地中にある大河内水力発電所で起こした電気はダム直下の開閉設備を経て送電されている。
神崎郡神河町長谷/長谷ダム写真


●ダム直下からの眺め。エルビレッジおおかわちの駐車場から川沿いに小径が付いている。
神崎郡神河町長谷/長谷ダム写真




▲ 神崎郡 ▲ 神戸市 ▼ 三田市 ▼
 神戸市北区山田町衝原/山田池ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180928
●山中にある重力式ダム。事業費21万7千円を投じ昭和8年完工したもので近代化産業遺産に認定されている。
神戸市北区山田町衝原/山田池ダム写真


●頂幅10尺、延長43間。山田池は農業用の淡山疏水を補強する目的で造られたが役目を終えて貯水利用されていない。
神戸市北区山田町衝原/山田池ダム写真


●赤い操作ハンドルがある取水塔。随所に装飾が施され神戸旧居留地にある石造建築物のような重厚感がある。
神戸市北区山田町衝原/山田池ダム写真


●下流側の石張りは堰堤高90尺もあり城壁の如し。オーバーフローした水が3連アーチの余水吐から流れている。
神戸市北区山田町衝原/山田池ダム写真


●県道85号線沿いにある自然歩道「太陽と緑の道」コースNo.24入口道標。ここから山田池まで約600m。 地図(別画面)
神戸市北区山田町衝原/山田池ダム写真




 神戸市北区山田町中/岩谷峠 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180928
●丹生山系の帝釈山と稚児ヶ墓山間を南北に縦断する形で国道428号線が通る峠。自転車乗りのヒルクライムスポット。
神戸市北区山田町中/岩谷峠写真




 神戸市北区道場町/千苅ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160627
●千苅貯水場正門。4月の桜時期には開門される。柵に沿った外回りの遊歩道を5分程歩くとダムがある。 地図(別画面)
神戸市北区道場町/千苅ダム写真


●ダム堤近くになると岩場になりスリルある道になる。大正8年に架けられた千苅橋からの眺め。
神戸市北区道場町/千苅ダム写真


●1919年竣工。近代化産業遺産に登録されている。越流量が多いので轟音と水しぶきがする。
神戸市北区道場町/千苅ダム写真


●散策路を上って天端部まで行ける。水門のゲート装置が並んでいる。
神戸市北区道場町/千苅ダム写真


●南北に4kmもある細長い千苅水源池。神戸市最大の水道専用水瓶になっている。
神戸市北区道場町/千苅ダム写真


●水が石張り面に絡んで大きな音がするようだ。水需要の拡大に対応するため昭和6年に堰堤を6mかさ上げされた。
神戸市北区道場町/千苅ダム写真


●放水路は二級河川羽束川。下流にある千苅浄水場へはパイプで送水されている。
神戸市北区道場町/千苅ダム写真




▲ 神戸市 ▲ 三田市 ▼ 宍粟市 ▼
 三田市大原/有馬富士 ここをMapion地図で見る(別画面)
●有馬富士公園の福島大池サイドから有馬富士遠望。
三田市大原/有馬富士写真


●有馬富士山頂(374m)。麓の駐車場から10分程のお散歩登山で登れる。
三田市大原/有馬富士写真


●山頂にある四等三角点(点名有馬富士)。
三田市大原/有馬富士写真


●樹木で眺望は限定的だが南方向を見渡せる場所がある。手前の森は有馬富士公園。
三田市大原/有馬富士写真




 三田市尼寺/十二尼妃の墓 ここをMapion地図で見る(別画面)
●花山法皇を慕って京の都から追って来た女官達が尼となってこの地に住み、そのお墓が立てられている。
三田市尼寺/十二尼妃の墓写真


●中央に花山法皇の女御・弘徽殿(こきでん)、周りに女官11人の五輪塔が並んでいる。
三田市尼寺/十二尼妃の墓写真




 三田市尼寺/東光山花山院菩提寺(真言宗) ここをMapion地図で見る(別画面)  Trail-20181103
●参道口。西国開山花山院御廟所と刻まれた石塔が立っている。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●麓から琴弾坂を八丁登ると山門がある。飛鳥時代(白雉2年・651年)、法道仙人が創建した。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●花山法皇は播磨清水寺に登った際、東方の山上が光り輝くのを見てここを隠棲の地に選ばれた。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●元は紫雲山観音寺という名称だったが東光山に改められた。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●手水場。水盤に東光山菩提寺と刻まれている。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●花山法皇(平安時代中期の第65代天皇、在位2年で退位し法皇)を祀る花山法皇殿。西国三十三観音霊場番外札所。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●法皇は出家し観音巡礼を世に広めた功績により西国巡礼中興の祖と呼ばれる。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●薬師如来を御本尊とする薬師堂(瑠璃光殿)。西国薬師四十九霊場第21番。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●菊花紋章のある花山法皇御廟所。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●霊場巡礼後はこの地で十数年間隠棲し、病のため41歳で崩御された。玉垣の中に宝篋印塔が立てられている。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●無縁塚であろうか中央に立派な宝篋印塔があり周囲に小さな五輪塔が集められている。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●記念塔。海産物事業の難事に際し花山院に籠って審議し円満解決に至った云々・・・と記されている。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●境内の奥にある七地蔵尊。願い事に応じて地蔵尊を選び、差し出されている右手を握って心願する。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●荒神堂。手前は花山法皇も使われたとされる井戸。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●寺務所の門内にある鐘つき堂と不動堂。右手に納経所と写経道場。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●展望所。南向きに見晴らしが良く近くの有馬富士や千丈寺湖、天気次第で遠く小豆島まで望める。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真


●琴弾坂の途中にある天満神社。
三田市尼寺/東光山花山院菩提寺写真




 三田市永沢寺/青原山永澤寺(曹洞宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●ようたくじ。県道49号線に面して山門が三つ並んでいる。手前から玉兎門、茅葺き勅使門、金鶏門。
三田市永沢寺/青原山永澤寺写真


●前庭の苔と紅葉が美しい。関西花の寺25箇所霊場第十一番札所でもある。
三田市永沢寺/青原山永澤寺写真


●仁王門。永澤寺は南北朝時代の応安年間に後円融天皇の命令によって開基された。
三田市永沢寺/青原山永澤寺写真


●阿形像。接合部分が見当たらないので組み木ではなく一本の木から削り出したものだろうか。
三田市永沢寺/青原山永澤寺写真


●吽形像。金剛杵の持ち方が面白い。仁王像と壁を挟んで背中合わせに観音菩薩の姿をした仁王像が置かれている。
三田市永沢寺/青原山永澤寺写真


●仁王門から本堂の眺め。境内に三十三所観音が祀られている。左に見える建物は地下1階、地上3階建ての妙高閣。
三田市永沢寺/青原山永澤寺写真


●太鼓橋のある放生池にスイレンが茂っている。道路隔てた向かいに花しょうぶ園がある。
三田市永沢寺/青原山永澤寺写真




 三田市小野/琴引峠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●県道49号三田篠山線の峠。花山法皇を慕う女官たちがこの峠で琴を弾いたとの伝。近くの花山院に至る参道は琴弾坂。
三田市小野/琴引峠写真




 三田市下槻瀬/切詰峠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●県道37号三田後川上線が通る峠。峠頂部になると幅員が狭くなる。
三田市下槻瀬/切詰峠写真




 三田市波豆川/大坂峠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●県道323号上佐曽利木器線が通る峠。道沿いに溜池が多い。
三田市波豆川/大坂峠写真


●峠頂上に風化が進んだ石碑があり「泣き地蔵」の民話が残っている。
三田市波豆川/大坂峠写真




 三田市母子/大歳神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●公民館裏の高台が社頭になる。
三田市母子/大歳神社写真


●小石が敷き詰められた境内に太子堂があり茅葺きの屋根にトタンが被せてある。
三田市母子/大歳神社写真


●太子堂の扁額。聖徳太子だろうか。
三田市母子/大歳神社写真


●太子堂の奥に妻入りと平入りに造り分けられた社がある。本殿と若王子社。
三田市母子/大歳神社写真


●2015年12月、太子堂が建て替えられた。
三田市母子/大歳神社写真


●本殿と若王子社も下半分が新しくなっている。
三田市母子/大歳神社写真




 三田市母子/母子大池 ここをMapion地図で見る(別画面)
●昭和8年に堰堤が造られて出来た灌漑用の池。田畑から遠い山奥にあるため用水路が長い。
三田市母子/母子大池写真


●3年毎に水抜きされるらしい。池に沿って遊歩道があり、永沢寺側へ抜けられる。
三田市母子/母子大池遊歩道写真


●堰堤の付け根にある記念碑と水神社。
三田市母子/母子大池水神社写真


●堰堤の上から用水路側の眺め。駐車場があり県道からここまで3.6kmの道が付いている。
三田市母子/母子大池堰堤写真


●遊歩道を通って池の北端に行くとラクウショウの木や解放されたログハウスがある。
三田市母子/母子大池ログハウス写真




 三田市山田/山田ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160627
●小じんまりした堤体のダム。立入禁止のため天端部やダム湖を眺めることはできない。
三田市山田/山田ダム写真




 三田市加茂/青野ダム ここをMapion地図で見る(別画面)
●昭和62年築造された多目的ダム。
三田市加茂/青野ダム写真


●ダム湖に架かる末吉橋からダム堤の眺め。
三田市加茂/青野ダム写真


●天端部。自動車が通れる周回道路が付いている。
三田市加茂/青野ダム天端部写真


●放水路。ダム湖は三田市の水瓶となり放水した水が下流にある三田浄水場で取水されている。
三田市加茂/青野ダム放水路写真


●ダムサイド公園。千丈寺湖と名付けられた大きな人造湖。東半分は釣りやボート乗りが許可されている。
三田市加茂/青野ダム千丈寺湖写真


●魚道水路。魚が下流から千丈寺湖へ遡上するためのもので水路側面をガラス張りにした観察小屋もある。
三田市加茂/青野ダム魚道水路写真




▲ 三田市 ▲ 宍粟市 ▼ 多可郡 ▼
 宍粟市一宮町草木/草木ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180602
●1913年竣工。日本最古級の重力式コンクリートダム。部分的に覗いている石積みが歴史を物語る。
宍粟市一宮町草木/草木ダム写真


●ゆるくカーブした天端部。この水を使って下流の草木水力発電所(最大出力1,400kw)が運転される。
宍粟市一宮町草木/草木ダム写真


●ダム堤体上流側。堤高25m、堤頂長86m。コンクリート打ち面の粗さが突貫工事を連想させる。
宍粟市一宮町草木/草木ダム写真


●草木川にできたダム湖。水も少ないが湖底がうっすら見えているのは進行した堆砂のためか。
宍粟市一宮町草木/草木ダム写真


●下流側。草木水力発電所で使うためか結構な勢いで放水されている。
宍粟市一宮町草木/草木ダム写真




 宍粟市一宮町百千家満/草置城跡 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180602
●道路沿いにある遊歩道入口。草置城は竹田城の出城として室町後期に田路氏が築いた。
宍粟市一宮町百千家満/草置城跡写真


●遊歩道入って直ぐの場所に建てられた摸擬櫓。遺構のある山頂まで遊歩道が整備されている。(未訪問)
宍粟市一宮町百千家満/草置城跡写真




 宍粟市一宮町河原田/高野峠(たかのとうげ) ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180602
●波賀町上野と一宮町河原田の境界。国道429号の最高地点であり積雪のため冬期通行止め(12/1〜3/31)になる。
宍粟市一宮町河原田/高野峠写真


●高野峠地蔵尊。一山(ひとつやま、標高1,064m)へ登る取り付きになる。
宍粟市一宮町河原田/高野峠写真




 宍粟市波賀町上野/波賀城跡 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180602
●若桜街道から波賀城跡のある城山の遠望。山頂に石垣を復元し模擬櫓が建てられている。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真


●山頂手前の駐車場から5分程歩くと波賀城史蹟公園広場になる。冠木門が山城の雰囲気を出している。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真


●広場には管理小屋と手洗いもある。この茅葺き屋根はインパクトがある。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真


●冠木門から100m登ると天守になり平成に造られた復元石垣、観光用二層模擬櫓、塀がある。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真


●天正年間以前の古い様式で積まれた石垣。ノリや反りが無く未発達な算木積みに分類される。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真


●波賀城は鎌倉中期に芳賀七郎が築城したとの説明。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真


●模擬櫓は「波賀城学習資料館」として内部が公開されている。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真


●摸擬櫓前から眺望良好。北方向・鳥取方面の眺め。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真


●南方向・姫路方面の眺め。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真


●模擬櫓の後方山頂に宝殿神社奥の宮と石造物が祀られている。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真


●天守の下に丸い石がゴロゴロしている。積み上げるには不適なので攻めてくる敵に転がし落とすためのものか。
宍粟市波賀町上野/波賀城跡写真




 宍粟市一宮町須行名/伊和神社 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180602
●国道29号線に面して注連縄柱が立ち表参道が続く。奥に見える鳥居の扁額は正一位伊和大明神。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●随身門。矢大臣、左大臣が対面する形で安置されている。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●大樹が茂る広い境内。厳粛な雰囲気が漂う。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●手水舎。水盤を小さな力士が下から支えている。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●やや新しい感じがする皇族下乗の碑。勅使門が無いので勅使参向があってもここを通るようだ。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●2世紀創祀と伝わる播磨国一宮。播磨国開発の祖神、総氏神様として崇められている。右手に夫婦杉。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●拝殿と本殿の間に大きな造りの幣殿がある。一宮なので幣帛(へいはく、御供え物)が多いのだろう。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●本殿。御祭神は大己貴神(大国主神)、配祀は少彦名神と下照姫神。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●本殿後方のやや下がった場所にある鶴石。神が鶴の姿になって降臨したとされる一抱え位の石が安置されている。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●播磨十六郡神社(播磨西八郡多可郡、神東郡、神西郡、宍粟郡、揖東郡、揖西郡、佐用郡、赤穂郡)。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●社務所、神饌所。10月には秋季大祭があり境内で屋台が練り合わせを奉納する。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真


●御霊殿、五柱社、播磨十六郡神社(播磨東八郡明石郡、美嚢郡、加古郡、印南郡、加東郡、加西郡、飾東郡、飾西郡)。
宍粟市一宮町須行名/伊和神社写真




▲ 宍粟市 ▲ 多可郡 ▼ 宝塚市 ▼
 多可郡多可町加美区奥荒田/高坂峠 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181015
●峠に向かう県道沿いに道しるべが立っている。「さガ」という地名があったのだろうか。 地図(別画面)
多可郡多可町加美区奥荒田/高坂峠写真


●現道(兵庫県道8号加美宍粟線)と旧道の分岐点。「松か井の水まで2km」の看板が目印。 地図(別画面)
多可郡多可町加美区奥荒田/高坂峠写真


●神崎郡と多可郡の境界になる高坂峠。 地図(別画面)
多可郡多可町加美区奥荒田/高坂峠写真


●峠の子安地蔵。近くに無縁仏供養塔も立っている。
多可郡多可町加美区奥荒田/高坂峠写真


●峠の標柱。笠形山千ヶ峰縦走コースの札も付いている。
多可郡多可町加美区奥荒田/高坂峠写真


●峠の手前にある元祖松か井の水。これとは別に県道沿いの公園に新松か井の水もある。 地図(別画面)
多可郡多可町加美区奥荒田/高坂峠写真


●現道が通る高坂トンネル(1987年竣工)。ここで発見された湧き水が新松か井の水になっている。 地図(別画面)
多可郡多可町加美区奥荒田/高坂峠写真




 多可郡多可町加美区的場/荒田神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●社頭の大鳥居。塗りでは無いため笠を付けてあるのだろうか。
多可郡多可町加美区的場/荒田神社写真


●随身門。門と石垣の間に「天然記念物 勅使ノ杉」と刻まれた標柱石がある。(木は昭和40年の台風で倒壊)
多可郡多可町加美区的場/荒田神社写真


●手前に一般的な左大臣・右大臣の随身像、奥に赤黒塗り分けられた木彫りの狛犬が安置されている。
多可郡多可町加美区的場/荒田神社写真


●石造りの瑞垣で囲まれた広い境内。社殿は拝殿と本殿の間に幣殿を設けた構成になっている。
多可郡多可町加美区的場/荒田神社写真


●本殿左側の末社。左から大神宮社、蛭子神社、春日神社。
多可郡多可町加美区的場/荒田神社写真


●本殿右側の末社。左から八幡神社、愛宕神社、天満神社、秋葉神社。
多可郡多可町加美区的場/荒田神社写真


●大きな造りの手水舎。
多可郡多可町加美区的場/荒田神社写真




 多可郡多可町加美区/千ヶ峰 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20150922
●標高約750mにある市原峠の登山口。山頂まで2000m、1時間。他にハーモニーパーク側の三谷コース登山口もある。
多可郡多可町加美区/千ヶ峰市原峠登山口写真


●山頂まで緩やかな稜線道が続く。左手は麓まで見えて眺めが良い。要所に展望台がある。
多可郡多可町加美区/千ヶ峰尾根道写真


●稜線道から千ヶ峰の遠望。遠くに見えてもいつの間にか山頂に立っているという感じ。
多可郡多可町加美区/千ヶ峰遠望写真


●山頂手前で振り向いて登って来た稜線の眺め。所々に木の階段道がある。
多可郡多可町加美区/千ヶ峰尾根写真


●千ヶ峰山頂(1005m)。南無妙法蓮華経の石塔が立っている。360゜眺望がすばらしい。
多可郡多可町加美区/千ヶ峰石塔写真




 多可郡多可町中区/荒田神社 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160806
●中区安楽田にある荒田神社社頭。鳥居は元禄6(1694)年に建立された。加美区的場にも同名の神社がある。
多可郡多可町/荒田神社写真


●参道中ほどにある随身門。両大臣が安置されている。
多可郡多可町/荒田神社写真


●一直線の広い参道。社頭から社殿まで約350mある。往時は大乗寺もあったらしい。
多可郡多可町/荒田神社写真


●前庭。手前の灯籠は寛保3(1743)年に建立された。
多可郡多可町/荒田神社写真


●大きな造りの拝殿と本殿覆屋。寛文8(1668)年発生した荒田町大火で焼失したが延享3(1746)年に再建された。
多可郡多可町/荒田神社写真


●舞殿と絵馬殿を兼ねたような拝殿の広い内部。正面奥が覆屋となり中央に神殿がある。
多可郡多可町/荒田神社写真




 多可郡多可町中区糀屋/糀屋ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160716
●1989年完成。堰堤高さ44m、幅306mの農業水利用ロックフィルダム。堰堤直下にソーラーパネルが並んでいる。
多可郡多可町中区糀屋/糀屋ダム写真


●堰堤の下を道路が通っているのでじっくり眺めることができる。数十cmの石を並べて間に小石が詰め込まれている。
多可郡多可町中区糀屋/糀屋ダム写真


●天端部。良い道だが立ち入りできない。
多可郡多可町中区糀屋/糀屋ダム写真


●放水路側の眺め。近くのセントラルサーキット場からエキゾーストノートが響いてくる。
多可郡多可町中区糀屋/糀屋ダム写真


●堰堤のダム湖側。糀屋ダムには茂利ダム、徳畑ダムという二つの副ダムがある。
多可郡多可町中区糀屋/糀屋ダム写真


●糀屋ダムで誕生した翠明湖。周回道路で一周できる。ダム湖の中央部に翠(みどり)大橋が架かっている。
多可郡多可町中区糀屋/糀屋ダム写真


●翠大橋の西側に翠公園がある。ポートピア'81のシンボルだったターミナルマストが移設されている。 地図(別画面)
多可郡多可町中区糀屋/糀屋ダム写真


●ダム管理棟の横に碑が立っている。左は県立修練農場の顕彰碑。右は補償交渉妥結の記念碑。 地図(別画面)
多可郡多可町中区糀屋/糀屋ダム写真




▲ 多可郡 ▲ 宝塚市 ▼ 丹波市 ▼
 宝塚市中山寺/紫雲山中山寺(真言宗中山寺派) ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181103
●大きな二重門。江戸初期に再建されたもので望海楼とも呼ばれ往時は山門上から海が遠望できた。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●2009年山門改修工事の際に修復彩色された金剛力士像。奉納された沢山のわらじが柵にぶら下がっている。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●金剛力士像の背中側に参道向いて獅子・狛犬が据えられている。眼に嵌め込まれた水晶がリアルで迫力がある。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●両脇に塔頭が並ぶ参道。子授かりの信仰や安産祈願のお寺として参詣者が多い。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●参道石段を上った所にある手水舎。石段横にエスカレーターも設置されバリアフリーが行き届いている。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●鐘楼堂。五重塔のような木組みで造られ彫刻と彩色も施された重厚な外観。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●大黒天と千手観音が祀られた大黒堂。商売人からの四角い献灯が賑やかに並んでいる。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●大黒堂前にある「石の櫃からと」(白鳥塚古墳)。徳道上人が御宝印を納め、花山法皇が取り出し西国霊場を再興した。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●寿老神と勢至菩薩を祀る正面全開の寿老神堂。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●閻魔堂と水掛地蔵堂。さすがに閻魔大王の睨みは刺さってくる。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●五百羅漢堂。横の階段から地下へ下りると涅槃堂。左に見えるエスカレーターで本堂前へ。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●本堂。聖徳太子が開創した日本最初の観音霊場で西国観音霊場第24番札所。現建物は江戸初期に建てられたもの。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●彩色鮮やかな本堂外陣。御本尊は十一面観世音菩薩。中央の鰐口紐は手が届かないので下の鐘を打つ。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●現本堂と同時期に再建された阿弥陀堂。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●阿弥陀堂の向かいに立つ六角堂。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●亥の子地蔵(北向き地蔵)。旧暦10月亥の月の亥の日(11月初旬)に亥の子地蔵まつりが催される。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●同じ造りの護摩堂(左)と開山堂(右)。開山堂の扁額には聖徳太子と記されている。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●境内最上段にある大師堂。石段の他に開山堂裏にあるエレベーターで上がって来れる。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●大師堂の向かいにある青色の五重塔。2017年に再建されたもので青龍塔と名付けられている。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●子授け地蔵。奉納された前掛けの願布が高く積み上がっている。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●鎮守社。境内の最上段にあり中山寺の鎮守神と恵美須神が祀られている。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●大願塔と呼ばれる多宝塔。2007年に再建されたもので一般より3倍程大きい。手前の四角い白壁建物は宝蔵。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●中山寺奥之院入口の標柱。中山(標高478m)の中腹にあり中山寺境内から参道18丁の距離にある。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●厄神明王が祀られている奥之院本堂。聖徳太子が開創した中山寺堂塔伽藍はここにあったが兵火で焼失した。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●奥之院境内にある吾孫子弁財天。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真


●奥之院本堂脇にある大悲水と呼ばれる湧水。往時の拝殿はこの大岩を取り込むように配置されていた。
宝塚市中山寺/紫雲山中山寺写真




 宝塚市玉瀬/川下川ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160627
●新名神高速道路の高架橋脚の向こうにロックフィルタイプのダム堤が見える。
宝塚市玉瀬/川下川ダム写真


●1977年竣工。天端部は立入禁止。
宝塚市玉瀬/川下川ダム写真


●越流堤の上からダム湖の眺め。宝塚市の上水道水源として利用されている。
宝塚市玉瀬/川下川ダム写真


●内側も石積みされている。ダム堤が途中で向きを変えているらしいがよく分からず。
宝塚市玉瀬/川下川ダム写真


●美術館にありそうな風変りな竣工記念碑がダム入口にある。
宝塚市玉瀬/川下川ダム写真




▲ 宝塚市 ▲ 丹波市 ▼ 豊岡市 ▼
 丹波市山南町小野尻/小野尻峠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●丹波市と多可郡の境にある兵庫県道86号多可柏原線が通る峠。1978年、小野尻トンネル竣工。左から旧道へ。
丹波市山南町小野尻/小野尻峠写真


●旧道を100m程行くと倒木の向こうに小野尻隧道(東側坑口)が現れる。明治42(1909)年竣工。 地図(別画面)
丹波市山南町小野尻/小野尻峠写真


●東側坑口。坑内路面に溜まった水に西側坑口からの光が反射している。山の鞍部に往時の峠道もあるらしい。
丹波市山南町小野尻/小野尻峠写真


●小野尻トンネルを西側へ出た所に「牧野、峠の茶屋公園」があり峠の地蔵が安置されている。 地図(別画面)
丹波市山南町小野尻/小野尻峠写真


●峠の地蔵から旧道を100m程行くと西側坑口がある。
丹波市山南町小野尻/小野尻峠写真




 丹波市山南町太田/萬松山慧日寺(臨済宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●えにちじ。丹波古刹十五ヶ寺霊場第3番。永和(天授)元年(1375年)開創。この杉林にヒメボタルが出現するらしい。
丹波市山南町太田/萬松山慧日寺写真


●白壁の素朴な造りの山門。丹波市指定文化財。
丹波市山南町太田/萬松山慧日寺写真


●山裾の境内に茅葺きの堂宇が立ち並んでいる。奥の平入が方丈、右手の妻入りが庫裏。いずれも国登録有形文化財。
丹波市山南町太田/萬松山慧日寺写真


●山門正面にある釈迦三尊像が祀られている仏殿。県指定文化財。二層部分に「慧日精舎」の扁額がある。
丹波市山南町太田/萬松山慧日寺写真


●仏殿左手の千体地蔵堂。「子授、子安、子育、諸病悉除」の扁額が架かる。
丹波市山南町太田/萬松山慧日寺写真


●地蔵堂内の雛壇には奉納された30cm位の地蔵さんがびっしり並んでいる。表情がどれも同じなので圧が強い。
丹波市山南町太田/萬松山慧日寺写真


●方丈(本堂)。左端に仏殿への廊橋がある。右端は玄関。左手前の木に菩提樹の札が付いている。
丹波市山南町太田/萬松山慧日寺写真


●華奢な感じの袴腰付き鐘楼。後方は裏門。いずれも国登録有形文化財。
丹波市山南町太田/萬松山慧日寺写真


●火災対策のためか離れてぽつんと建つ土蔵造りの経堂。一切経が収蔵されている模様。
丹波市山南町太田/萬松山慧日寺写真




 丹波市山南町岩屋/岩屋山石龕寺(高野山真言宗)せきがんじ ここをMapion地図で見る(別画面)
●587年、聖徳太子が楽々庭山の机坂峠を越え高山の大呂峠を経てこの地に至り石龕寺を開基したとの伝。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真


●朱塗りの仁王門(南大門)。柱の向こうから重要文化財の金剛力士がこちらを睨んでいる。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真


●仁王門を潜って参道左側に立ち並ぶ石仏群。沢山あるのでじっくり眺めると1時間はかかる。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真


●参道右側。青々とした中に佇む弘法大師像。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真


●石龕寺・円通寺・高源寺は丹波紅葉三山と呼ばれる。谷川が流れる入り組んだ地形が紅葉の舞台に似つかわしい。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真


●参道を挟んで本堂の向かいにある焼尾神社。1241年創建された幸運・財宝・福徳の神様。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真


●本堂の前庭。石段の左に注連縄が張られた兵庫県最大のコウヨウザン(広葉杉、高さ37m)が生えている。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真


●本堂(毘沙門堂)。戦国時代の丹波攻略で焼失したが後に再建された。丹波古刹十五ヶ寺霊場の五番霊場でもある。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真


●再建されたばかりという感じの真新しい薬師堂。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真


●本堂の右横にある不動明王(水かけ不動)。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真


●本堂と薬師堂の間にある仏足石。お釈迦様の足裏の形を石に刻んだもので往時は礼拝の対象とされていた。
丹波市山南町岩屋/石龕寺写真




 丹波市山南町谷川/竹林山常勝寺(天台宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●丹波古刹十五ヶ寺霊場第4番。新丹波七福神霊場寿老人。永和(天授)元年(1375年)開創。竹林精舎とも呼ばれる。
丹波市山南町谷川/竹林山常勝寺写真


●楼門。扁額には山号が多いがこちらは常勝寺と記されている。山腹にある本殿まで365段の石段が続く。
丹波市山南町谷川/竹林山常勝寺写真


●阿形の仁王像。傷みが激しい。
丹波市山南町谷川/竹林山常勝寺写真


●吽形の仁王像。細身なので江戸初期に再興された時の像だろうか。
丹波市山南町谷川/竹林山常勝寺写真


●参道両脇に平坦地があり往時は伽藍が並んでいたのだろうか。現在は写真の宝樹閣のみ。
丹波市山南町谷川/竹林山常勝寺写真


●参道脇の石窟祠に四国八十八ヶ所霊場を模した弘法大師像と観音像が祀られている。
丹波市山南町谷川/竹林山常勝寺写真


●本堂と薬師堂(左奥)。毎年2月11日に無病息災、五穀豊穣を祈る節分行事(追儺式)「鬼こそ」が営まれる。
丹波市山南町谷川/竹林山常勝寺写真


●鐘楼。楼門、薬師堂、本堂含め角柱造りの朱塗りで統一されている。
丹波市山南町谷川/竹林山常勝寺写真


●境内の隅にある三社権現宮。
丹波市山南町谷川/竹林山常勝寺写真




 丹波市山南町谷川/首切地蔵尊 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160423
●駐車場に面した社頭。両脇に奉納札が掲げられた参道を100m程行くと堂宇がある。
丹波市山南町谷川/首切地蔵尊写真


●平入りの大きな堂宇が立っている。左奥に奉納受付等の事務所がある。
丹波市山南町谷川/首切地蔵尊写真


●処刑された平家落人を供養したのが始まりで縦長の石が7つ並べて祀られている。首から上の願い事が叶うとのこと。
丹波市山南町谷川/首切地蔵尊写真


●首切地蔵尊裏の広場に新しい感じの十二支御守本尊が祀られている。申年生まれの御守本尊は左から6番目の大日如来。
丹波市山南町谷川/首切地蔵尊写真


●駐車場脇にある御休み処「地蔵茶屋」。うどん、定食、コーヒー、ビール、お土産各種。
丹波市山南町谷川/首切地蔵尊写真




 丹波市山南町谷川/高座神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●神社社頭。真新しい大根締めの注連縄が張られた鳥居。奥にある随身門はかつて境内に神宮寺があった名残か。
丹波市山南町谷川/高座神社写真


●石造りの第二鳥居を潜ると幅広の拝殿。高倉下命という産業守護と開運厄除の神様が祀られている。
丹波市山南町谷川/高座神社写真


●本殿。2015年に保存修理工事が完了し300年前の創建時の姿になった。彫り物を双眼鏡でじっくり眺めたい。
丹波市山南町谷川/高座神社写真


●怖いほど大きな灯籠が立っている高座神社石鳥居跡。神社はここから現在地へ遷座したのかな。 地図(別画面)
丹波市山南町谷川/高座神社写真




 丹波市山南町谷川/高山 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160423
●稜線続きの猿藪から高山の眺め。左方向に住吉町を挟んで尖った西光寺山が見える。
丹波市山南町谷川/高山・大呂坂写真


●高山頂上(660m)。樹木のため眺望悪く北西方向が少し見える程度。
丹波市山南町谷川/高山・大呂坂写真


●欠けて痛々しい姿の四等三角点がある。
丹波市山南町谷川/高山・大呂坂写真


●樹間から丹波市山南町谷川の街並みが遠望できる。正面手前の山向こうに石龕寺がある。
丹波市山南町谷川/高山・大呂坂写真


●高山から西へ稜線伝いに1400m程にある大呂峠。聖徳太子が峠越えして石龕寺へ向かったとの伝。 地図(別画面)
丹波市山南町谷川/高山・大呂坂写真


●大呂峠に立つ悲しい表情の南向地蔵。奥谷川施主中と刻まれている。
丹波市山南町谷川/高山・大呂坂写真




 丹波市山南町阿草/猿藪 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160423
●高山近くから猿藪の眺め。西面が伐採されて裸になっている。
丹波市山南町阿草/猿藪・けやき峠写真


●稜線のピークという感じで東西に狭い猿藪頂上(591m)。
丹波市山南町阿草/猿藪・けやき峠写真


●奥行感と広がりのあるダイナミックな眺め。左手は中口山から西光寺山へと続く播丹界稜線筋。
丹波市山南町阿草/猿藪・けやき峠写真


●けやき峠。猿藪から1000m程北の鞍部にある。谷川(左)と阿草(右)を結んでいたようだが抉れは小さい。 地図(別画面)
丹波市山南町阿草/猿藪・けやき峠写真


●仮称・住吉町山南町峠。猿藪東側の鞍部に峠道が残っている。抉れが深いのでよく利用されたのだろう。 地図(別画面)
丹波市山南町阿草/猿藪・けやき峠写真




 丹波市山南町阿草/消防山(平石) ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160423
●猿藪山頂から東を向いて消防山の眺め。こちらからは転げ落ちそうな斜面を突破しないと行けない。
丹波市山南町阿草/消防山写真


●消防山頂上(542m)。樹木のため眺望なし。
丹波市山南町阿草/消防山写真


●四等三角点がある。丸辰と刻まれた境界石標も立っている。
丹波市山南町阿草/消防山写真


●猿藪と消防山の稜線上にある天狗岩。こんな所にあるとは不思議としか言いようがない。 地図(別画面)
丹波市山南町阿草/消防山写真




 丹波市山南町阿草/川代公園 ここをMapion地図で見る(別画面)
●篠山川に架かる吊り橋の向こう岸にキャンプ場やバーベキューサイトがある。
丹波市山南町阿草/川代公園吊り橋写真


●吊り橋を渡ると川代渓谷の眺めが良い。
丹波市山南町阿草/川代公園川代渓谷写真




 丹波市山南町上滝/上滝発電所記念館 ここをMapion地図で見る(別画面)
●大正11年に造られた旧上久下村営水力発電所が記念館として公開されている。
丹波市山南町上滝/上滝発電所記念館写真


●記念館の窓から川代渓谷とコンクリートで覆った恐竜発掘現場跡が見える。ここのパンフレットは内容が濃く秀逸。
丹波市山南町上滝/上滝発電所記念館恐竜発掘現場跡写真




 丹波市市島町多利/妙高山神池寺(天台宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●麓から妙高山頂上近くにある寺まで兵庫県道541号神池寺線が通っている。道沿いに立つ山号石碑。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●さらに総門の石碑と石柱がある。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●県道沿いにある地蔵堂と平重盛公の五輪塔。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●駐車場近くの丹波市立・山の家神池寺会館の庭にある「すまずの池」。周囲はクリンソウの群生地。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●すまずの池の横に朽ちかけた明治大覚殿がある。拝殿前に明治神宮遥拝所がある。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●肩から上の病にご利益があると記された肩切り地蔵尊。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●西国三十三霊場の仏像が並ぶ観音堂(左)と丹波七福神霊場・恵比寿の弁天堂(中央)。神池寺衆徒の慰霊碑(右)。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●常行堂。往時の神池寺は隆盛し、「丹波比叡」と称され修験道の霊地だった。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●常行堂の前にある南北朝時代の宝篋印塔(県指定文化財)。他に慈覚大師宝篋印塔がある。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●仁王門。神池寺は奈良時代(養老2年・718年)、法道仙人により開創された。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●金剛力士像は互いに向き合う形で内向きに安置されている。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●かつては春日神社もあったという広場の本堂。平重盛が平家一門の菩提を弔って法華経の一字一石写経を埋めた。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●本堂(ご本尊:十一面千手千眼観世音菩薩)。神池寺は聖武天皇勅願の霊場で丹波国西国三十三観音霊場第10番になる。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●本堂横の行者堂。昭和40年の台風で全山壊滅したが本堂再建や諸堂修復され昭和45年復興した。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●行者堂の狛犬。一見ユニークだが迫力がある。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真


●鐘楼堂、不動堂。
丹波市市島町多利/妙高山神池寺写真




 丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺(高野山真言宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●岩戸集落の奥まった所に立つ山号柱。第37回本尊開扉記念(33年に1度)として平成6年に建てられた。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●参道入口にも古風な山号柱が立っている。直ぐ後ろに氷上郡八十八ヶ所霊場第五十五番の標柱もある。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●江戸後期に再建された仁王門(仁王堂)。寄進者名が書かれた小さな木札が門の板壁にびっしり打ち付けてある。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●平成に解体修理された、ふっくらした感じの金剛力士像が安置されている。囲いの柵が太いので像が見えにくい。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●参道階段の途中にある塔中千手院(庫裏)。戦国時代に全山焼失したが安土桃山時代に再興のため千手院が建てられた。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●明燈山不動の滝から流れ出る清水が目の秘薬とされる。岩戸観音霊場として西国三十三所の観音像が安置されている。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●三体大師堂。金属・石・木製の三体のお大師さんが祀られている。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●長い石段を上ると広い境内になる。奈良時代(宝亀2年・771年)、法道仙人により開創された。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●江戸後期(1795年)再建の本堂(観音堂)。御本尊は十一面千手千眼観世音菩薩。丹波国西国三十三観音霊場第9番。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●本堂右側奥の渡り廊下で繋がった聖天堂。奈良生駒山より聖天尊の分身を勧請して昭和12年に建立された。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●本堂の前にある鐘楼堂。擬宝珠の載った方形造りは珍しい。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真


●本堂左側にある鎮守の熊野権現社。他に稲荷神社、弁財天社、山の神神社、天満神社などずらりと並んでいる。
丹波市市島町岩戸/明燈山岩戸寺写真




 丹波市市島町戸平/戸平峠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●兵庫県道/京都府道59号市島和知線の峠。マニアによると旧道が良い状態で残っているらしい。
丹波市市島町戸平/戸平峠写真




 丹波市市島町徳尾/大杉ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160618
●1974年竣工の農業用アースダム。堰堤が青々した草で覆われている。
丹波市市島町徳尾/大杉ダム写真


●天端部。周回道路は土砂崩れ(2014.8丹波市豪雨災害)のため途中で通行止めになっている。
丹波市市島町徳尾/大杉ダム写真


●放水路側の小公園は桜の名所になっている。
丹波市市島町徳尾/大杉ダム写真


●ダム湖の奥にあるオートキャンプ場から堰堤方向の眺め。へらぶな釣り師で賑わっている。
丹波市市島町徳尾/大杉ダム写真


●太鼓橋が架けられた水神様の小宮。
丹波市市島町徳尾/大杉ダム写真


●竣工記念碑。湖水は隧道管水路で配水する云々と裏面に刻まれている。
丹波市市島町徳尾/大杉ダム写真




 丹波市市島町上田/慈眼山済納寺(天台宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●石柱門前からの眺め。奥の左に見える大木の所に山門がある。
丹波市市島町上田/慈眼山済納寺写真


●山門。奥に見える本堂に円戒場と記された扁額が架かっている。
丹波市市島町上田/慈眼山済納寺写真


●本堂。ご本尊は阿弥陀如来。新丹波七福神毘沙門天霊場でもある。
丹波市市島町上田/慈眼山済納寺写真


●本堂前の鐘堂と薬師堂。薬師如来と聖観音菩薩が祀られており氷上西国観音霊場番外となっている。
丹波市市島町上田/慈眼山済納寺写真


●本堂横の慈眼観音。
丹波市市島町上田/慈眼山済納寺写真




 丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺(天台宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●びゃくごうじ。丹波古刹十五ヶ寺霊場第10番。新丹波七福神霊場布袋尊。
丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺写真


●七福神霊場だけあって大きな石像が並んでいる。名称とご利益を書いたプレートがはめ込まれている。
丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺写真


●参道脇の鐘楼と太鼓橋。般若心経が刻まれた摩尼車があり太鼓橋の奥にある薬師堂に向かって回す。
丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺写真


●鐘楼の向かいにある藤の木。昭和33年に卒業記念植樹されたもの。奥のゲージで孔雀のつがいが飼われている。
丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺写真


●山門。白毫寺は飛鳥時代・慶雲2年(705年)、法道仙人により開創された。
丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺写真


●回向本堂。両サイドにボケ封じの楽寿観世音菩薩。右奥は安土桃山時代の作とされる陰陽の庭。
丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺写真


●本堂横の広場に全長120m、幅9mの藤棚がある。5月初旬が見頃となり「白毫寺九尺藤まつり」が開催される。
丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺写真


●藤棚広場の横にある総本堂の薬師堂。御本尊は薬師瑠璃光如来。
丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺写真


●薬師堂の裏手に白毫寺の守護神・熊野神社がある。元は銅鉱採掘安全祈願のため祀られた。
丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺写真


●心字池。中央の太鼓橋は人間界とあの世を結ぶもので、悟りの厳しさを急勾配で表現している。
丹波市市島町白毫寺/五大山白毫寺写真




 丹波市市島町中竹田/正法山石像寺(曹洞宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●丹波古刹十五ヶ寺霊場第11番。飛鳥時代(655年)の開基。寺名や村名の由来となった磐座が裏山にある。
丹波市市島町中竹田/正法山石像寺写真


●禁葷酒塔のある山門。ここを潜ると更に50段ほどの石段がある。
丹波市市島町中竹田/正法山石像寺写真


●中門。境内は白壁塀と竹垣で囲まれている。
丹波市市島町中竹田/正法山石像寺写真


●中門横の地蔵尊。右膝を立て左足を垂下するという初見の姿で彫られている。
丹波市市島町中竹田/正法山石像寺写真


●江戸時代初期(1645年)に再建された本堂。扁額には丹波精舎と記されている。
丹波市市島町中竹田/正法山石像寺写真


●前庭は青龍、白虎、朱雀、玄武をモチーフにして造られた四神相応の石庭。正面の建物には俳句が奉納されている。
丹波市市島町中竹田/正法山石像寺写真


●鐘楼。庭や建物が2014年8月の台風11号豪雨による土砂災害に遭ったが復旧された。
丹波市市島町中竹田/正法山石像寺写真




 丹波市市島町下竹田/鎌倉山清薗寺(真言宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●せいおんじ。丹波古刹十五ヶ寺霊場第12番。通称赤門と呼ばれる総門。天井近くに朱色が残っている。
丹波市市島町下竹田/鎌倉山清薗寺写真


●総門から参道を80m歩くと仁王門がある。清薗寺は大江山鬼退治伝説の主人公である麻呂子親王が開基。
丹波市市島町下竹田/鎌倉山清薗寺写真


●阿形の仁王像。この像は江戸時代中期(明和4年・1767年)に造られた。
丹波市市島町下竹田/鎌倉山清薗寺写真


●吽形の仁王像。仁王門は寛政7年(1795年)に再建された。
丹波市市島町下竹田/鎌倉山清薗寺写真


●仁王門と本堂の間に立つ灯籠は天下泰平を願い貞和3年(1347年)に奉納されたもので県指定重要文化財。
丹波市市島町下竹田/鎌倉山清薗寺写真


●鐘楼と薬師堂(本堂)。御本尊は薬師瑠璃光如来。横の大杉は樹齢500年と言われ落雷から堂宇を守っている。
丹波市市島町下竹田/鎌倉山清薗寺写真


●本堂と小道を挟んで塔頭寺院がある。参道の庭は石の配置に趣向を凝らしてある。
丹波市市島町下竹田/鎌倉山清薗寺写真


●山門に親王院の扁額が架かる。
丹波市市島町下竹田/鎌倉山清薗寺写真


●親王院の持仏堂(本坊)。高度な技で配石された枯山水の庭園に囲まれている。
丹波市市島町下竹田/鎌倉山清薗寺写真




 丹波市市島町下竹田/塩津峠 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160618
●丹波市と福知山市の市境にある国道175号線の峠。この下をJR福知山線の塩津トンネルが通っている。
丹波市市島町下竹田写真




 丹波市青垣町東芦田/穴裏峠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●丹波市と福知山市を結ぶ兵庫県道/京都府道109号福知山山南線の峠。「穴の浦隧道」のプレートが付いている。
丹波市青垣町東芦田/穴裏峠写真


●丹波市側に穴の浦峠開通記念碑が立っている。どういう経緯で穴の浦が穴裏になったのやら。 地図(別画面)
丹波市青垣町東芦田/穴裏峠写真


●福知山市側にある豊富用水池。1952年竣工した農業用溜め池でアースダムの規模が大きい。 地図(別画面)
丹波市青垣町東芦田/穴裏峠写真




 丹波市青垣町遠阪/千原峠 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160924
●丹波市青垣町遠阪と福知山市夜久野町千原を結ぶ峠道。青垣町側は国道427号千歳橋の袂から取り付く。 地図(別画面)
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真


●ミツマタ群生地の中を峠頂上まで幅広の林道が付いている。
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真


●青垣町側から見た千原峠頂上。「千原まんぷ」と呼ばれる手掘り隧道があり夜久野町側へ抜けている。
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真


●夜久野町側は府道526号線沿いにある矢取神社の横から取り付く。 地図(別画面)
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真


●こちら側も幅広の林道が付いていて山腹にミツマタが群生している。
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真


●夜久野町側から見た千原峠頂上。境界問題か道路敷設許可が下りなかったので隧道を造ったのか。
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真


●隧道口は山面から崩れた土が積もっているが内部は意外と広くて高さ1.8m、幅1.7m、全長8m程度。
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真


●隧道を青垣町側に出た所にある石仏。台座に刻まれた小倉村は合併等で青垣町小倉に変遷している。 地図(別画面)
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真


●隧道を夜久野町側に出た所にある石仏。下から見ると怒った顔、上から見ると笑った顔に見える。 地図(別画面)
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真


●上の石仏の隣に立っている。左すえ(末)・かすみ(?)、右ぬかた(額田)・みや(?)道であろうか。
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真


●矢取神社から進んで林道の分岐点に立っている石仏。文字は苔や欠けのため判読できない。 地図(別画面)
丹波市青垣町遠阪/千原峠写真




 丹波市青垣町遠阪/熊野神社 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160924
●熊野神社の手前400m程に立つ第一鳥居。柱内側に傷があり往時は鳥居の中を道路が通っていた模様。 地図(別画面)
丹波市青垣町遠阪/熊野神社写真


●熊野神社社頭。広々とした境内に樹齢数百年というような大きな杉の木が立っている。
丹波市青垣町遠阪/熊野神社写真


●手水舎。大きな水盤が据わっている。拝殿手前にも別の参道があり朱の鳥居と自然石をくり抜いた手水舎がある。
丹波市青垣町遠阪/熊野神社写真


●鎌倉時代、位知山中腹に創建され室町時代(1459年)に現在地へ遷座された。11月3日に裸祭り(踊り)が奉納される。
丹波市青垣町遠阪/熊野神社写真


●本殿、拝殿。拝殿の造りが豪華という印象。禁足らしく本殿側は土塀で仕切られている。
丹波市青垣町遠阪/熊野神社写真


●境内の小宮、摂社、稲荷。参道が交わって二本あり、鳥居や手水場が別々なのは稲荷社専用ということであろうか。
丹波市青垣町遠阪/熊野神社写真


●神社の隣にある今出川親水公園。川沿いに奥の方まで散策できる。 地図(別画面)
丹波市青垣町遠阪/熊野神社写真




 丹波市青垣町遠阪/遠阪峠 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160618
●丹波市と朝来市の市境にある国道427号線の峠。この下を1977年竣工の遠阪トンネル有料道路が通っている。
丹波市青垣町遠阪/遠阪峠写真




 丹波市青垣町桧倉/瑞巌山高源寺(臨済宗妙心寺派) ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160806
●参道入口の大きな地蔵尊坐像と紅葉橋。
丹波市青垣町/瑞巌山高源寺写真


●織田藩(丹波市柏原町)の援助を得て建立された惣門。ここが寺入口になり奥に山門もある。
丹波市青垣町/瑞巌山高源寺写真


●ゆったりした幅広の参道。「納涼風鈴飾り」の涼しげな音色が響く。
丹波市青垣町/瑞巌山高源寺写真


●火頭窓と左右の建物が特徴的な山門。高源寺は丹波古刹十五ヶ寺霊場、丹波国西国三十三観音霊場でもある。
丹波市青垣町/瑞巌山高源寺写真


●釈迦如来坐像が祀られた仏殿。鎌倉時代(1325年)に開創された。
丹波市青垣町/瑞巌山高源寺写真


●「心」という字の形に造築された心字池。
丹波市青垣町/瑞巌山高源寺写真


●庫裡も兼ねた方丈。戦国時代の兵火により焼失したが江戸時代に入り復興された。
丹波市青垣町/瑞巌山高源寺写真


●方丈の向かいにある鐘楼。数百本の天目楓が植わっていて丹波紅葉三山の一つでもある。
丹波市青垣町/瑞巌山高源寺写真


●三重塔。開運毘沙門天が祀られ、輪蔵には5,048巻の経典が納められている。
丹波市青垣町/瑞巌山高源寺写真




 丹波市青垣町大名草/青垣峠(生野峠) ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160618
●丹波市と朝来市の市境にある国道429号線の峠。狭くてくねった峠道だが市境部のみ拡幅整備されている。
丹波市青垣町大名草/青垣峠写真




 丹波市青垣町中佐治/榎峠(縁切り峠) ここをMapion地図で見る(別画面)
●兵庫県丹波市と京都府福知山市を結ぶ国道429号線の峠道。将来的にはトンネル化して榎バイパスを設ける計画らしい。
丹波市青垣町中佐治/榎峠写真




 丹波市氷上町氷上/天王坂峠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●兵庫県道285号賀茂春日線の峠。大きな切り通しが特徴的。
丹波市氷上町氷上/天王坂峠写真


●穴裏峠から栗柄峠までの稜線45km区間は「丹波市中央分水界の径」と呼ばれる(五台の径+雲海の径)。
丹波市氷上町氷上/天王坂峠写真


●天王坂改修工事竣工(昭和45年)を記念して春日町観光協会が立てた歌碑。元禄14(1701)年、りく一行が峠を越えた。
丹波市氷上町氷上/天王坂峠写真


●元禄16(1703)年、大石良雄(大石内蔵助)の妻りくが峠の清水に感謝して立てた南無阿弥陀仏の石碑。 地図(別画面)
丹波市氷上町氷上/天王坂峠写真




 丹波市氷上町清住/十九山達身寺(曹洞宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●丹波古刹十五ヶ寺霊場第6番。奈良時代、行基によって開創された。
丹波市氷上町清住/十九山達身寺写真


●門前の庭に並べられた蓮鉢。夏が見頃とのこと。
丹波市氷上町清住/十九山達身寺写真


●茅葺屋根の小振りな本堂。御本尊は阿弥陀如来。
丹波市氷上町清住/十九山達身寺写真


●平安・鎌倉期の古仏を多数所蔵(80余体)することから丹波の正倉院とも称される。
丹波市氷上町清住/十九山達身寺写真




 丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺(真言宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●丹波古刹十五ヶ寺霊場第7番。丹波国西国三十三観音霊場第8番。奈良時代・宝字元年(757年)、法道仙人により開基。
丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺写真


●広い駐車場に面して大きな楼門が構えている。傷みが少ないように見える金剛力士像。
丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺写真


●壁や天井に絵が描かれている。龍、天女、弘法大師等々。
丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺写真


●ずらりと灯籠が並ぶ石畳の参道。若葉のカエデも美しいが紅葉すると素晴らしい眺めになるらしい。
丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺写真


●参道の中ほどにある小振りな鐘楼。戻り鐘・・・帰る際には撞かぬようにと記されている。
丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺写真


●参道の太鼓橋。境内の小川に架かっている。
丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺写真


●向拝のある本堂。御本尊は十一面観音菩薩。外陣に安置された鬢頭盧尊者像をさするとご利益あるとのこと。
丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺写真


●元々は弘浪山という山中に築造されていたが昭和33年に現在地へ移築された。
丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺写真


●本堂裏手に四国八十八ヶ所を模した石像がずらーと並んでいる。種蒔大師、鯖大師、安産大師・・・と面白い。
丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺写真


●本堂の横にある重厚な造りの堂宇。
丹波市氷上町常楽/弘浪山高山寺写真




 丹波市氷上町石生/いそ部神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●社頭の石鳥居。鳥居を潜ると水分れ公園から流れ出る高谷川の延喜橋がある。
丹波市氷上町石生/いそ部神社写真


●重厚感が漂う第二鳥居まわり。
丹波市氷上町石生/いそ部神社写真


●柱の削り方や彫刻の模様が室町時代末期の様式とされる社殿。
丹波市氷上町石生/いそ部神社写真


●本殿右側の春日社殿と熊野社殿。いそ部神社本殿と合わせてこれら三棟が町文化財に指定されている。
丹波市氷上町石生/いそ部神社写真


●境内の金刀比羅社、天満社、天照皇大神社、愛宕社。
丹波市氷上町石生/いそ部神社写真


●社務所の横に靖国神社が祀られている。
丹波市氷上町石生/いそ部神社写真




 丹波市氷上町石生/水分れ公園 ここをMapion地図で見る(別画面)
●旧国道176号線の水分れ交差点を東へ800m程入った所にある。資料館、滝、池、散策路、広場等が整備されている。
丹波市氷上町石生/水分れ公園写真


●瀬戸内海と日本海の中央分水嶺にあたり、この小川もここから南北へ分岐して流れる。
丹波市氷上町石生/水分れ公園中央分水嶺写真


●水分れ公園内にあるいそ部神社。
丹波市氷上町石生/水分れ公園いそ部神社写真




 丹波市氷上町北野/向山連山 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20170422
●国道176号線の近くから東向きに向山方面の眺め。小さなピークが連続している。
丹波市氷上町/向山連山写真


●同様に清水山方面の眺め。水分れ公園を中心に連山をぐるりと縦走できる。
丹波市氷上町/向山連山写真


●右回り縦走の登山口となる観音堂。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●人気がある山なので登山道は踏み固められ枯れ葉も粉々になっている。
丹波市氷上町/向山連山写真


●400m程登った所にある二の山(300m)。滝山古墳と四等三角点がある。一の山は西200mにある。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●三の山手前にある岩座展望所。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●岩座展望所から南西方向の眺望。
丹波市氷上町/向山連山写真


●新芽が美しい雑木林の登山道が続く。
丹波市氷上町/向山連山写真


●ツツジが岡展望所から西方向の眺望。左から縦走路となった二の山、三の山、四の山。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●向山頂上(569m)。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●山頂の三等三角点。
丹波市氷上町/向山連山写真


●山頂からの眺望がすばらしい。春日町黒井の街並みや城山・黒井城跡が見渡せる。
丹波市氷上町/向山連山写真


●向山連山最高峰の五の山(591m)。北方向は伐採されていて眺望良好。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●雑木林の明るくて快適な道が続く。随所に標識が立っているので安心して歩ける。
丹波市氷上町/向山連山写真


●蛙子峰、珪石山を経て四等三角点がある清水山(545m)に到着。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●清水山からは南方向の眺望が良い。構造物は関電反射板でJR柏原駅の辺りからでも見えている。
丹波市氷上町/向山連山写真


●イルカ岩。口を開いたイルカの頭部に見える。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●博打岩。岩が縦四つに割れていて中央に松の切り株がある。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●亀岩。石亀が甲羅から頭をもたげている。天狗岩までは小石が多い急坂なので歩きにくい。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●天狗岩からの眺望。左手前に鳳翔寺の大ツガが見える。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真


●右回り縦走の終点となる鳳翔寺。境内の巨木は郷土記念物・大ツガ。 地図(別画面)
丹波市氷上町/向山連山写真




 丹波市氷上町香良/独鈷の滝・不動山岩瀧寺(真言宗大覚寺派) 地図(別画面)  Trail-20160806
●岩瀧寺山号柱。大正時代から昭和初期にかけて瀧治療の場として多くの人が訪れていた。
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真


●平安時代(弘仁年間810〜823年)、嵯峨天皇が住吉明神の夢のお告げに依り弘法大師に命じて開創された。
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真


●大正天皇即位記念として建てられた大正門。扉と両脇の塀は東宝映画「源氏物語 千年の謎」のロケの際に作製された。
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真


●本堂(奥)と庫裏(右)。丹波古刹十五ヶ寺でもある。
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真


●茅葺の本堂(観音堂)。観音菩薩像、愛染明王が祀られている。本尊は浅山不動尊で渓谷奥の洞窟の中で祀られている。
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真


●本堂横の庚申堂(手前)と大師堂(奥)。庚申堂には青面金剛、大師堂には四国八十八箇所の本尊が祀られている。
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真


●平成12年に再建された四国八十八寺本尊仏像。
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真


●岩瀧寺渓谷。平成26年8月16〜17日未明の集中豪雨により災害に見舞われたがほぼ復旧された。
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真


●浅山不動尊への参道脇に立つ石仏。江戸時代初期、剣豪浅山一伝斎がこの地で修業したとの伝。
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真


●独鈷の滝。弘法大師が独鈷を投げ入れて大蛇を封じたとの伝。落差は20mあり雄滝とも呼ばれる。 地図(別画面)
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真


●奥左手の洞窟内に本尊浅山不動明王が祀られている。正面は行者堂で役行者(神変大菩薩)が祀られている。右は護摩堂。
丹波市氷上町香良/不動山岩瀧寺・独鈷の滝写真




 丹波市春日町野上野/照月山桂谷寺(天台宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●安土桃山時代(文禄2年・1593年)開基。手前は氷上郡四国六拾番札所石柱。参道中程に平和観音が祀られている。
丹波市春日町野上野/照月山桂谷寺写真


●鐘楼と本堂。ご本尊は阿彌陀如来。新丹波七福神霊場のお寺として福禄寿も本堂に祀られている。
丹波市春日町野上野/照月山桂谷寺写真


●本堂横の弁天堂、観音堂。
丹波市春日町野上野/照月山桂谷寺写真


●山腹にあるので見晴らしが良い。小社は赤山明神社。
丹波市春日町野上野/照月山桂谷寺写真


●駐車場の藤棚。5月初旬には九尺フジが見頃となり藤まつりが催される。
丹波市春日町野上野/照月山桂谷寺写真




 丹波市春日町野瀬/桃花渓観音寺(曹洞宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●丹波国西国三十三観音霊場第8番。氷上郡西国三十三観音霊場第6番でもある。
丹波市春日町野瀬/桃花渓観音寺写真


●民家風の建物に大慈殿(大悲殿?)の扁額が掲げられた本堂。
丹波市春日町野瀬/桃花渓観音寺写真


●鐘楼。石段の横に奉納された佛足石が据えられている。
丹波市春日町野瀬/桃花渓観音寺写真


●境内の外に並ぶ地蔵と灯籠。左は「夢かけ地蔵」。
丹波市春日町野瀬/桃花渓観音寺写真




 丹波市春日町上三井庄/三宝ダム ここをMapion地図で見る(別画面)
●1995年(平成7)竣工した日本で初めての小規模生活ダム。
丹波市春日町上三井庄/三宝ダム写真


●管理棟前から眺めたダム天端部。周回道路が付いている。
丹波市春日町上三井庄/三宝ダム管理棟写真


●天端南詰から北向きの眺め。ダム高は低いが長い。
丹波市春日町上三井庄/三宝ダム天端写真


●小じんまりしたダム湖。奥は親水公園になっている。
丹波市春日町上三井庄/三宝ダム親水公園写真


●ダム堤から放水路方向の眺め。多目的広場や東屋が設けられている。
丹波市春日町上三井庄/三宝ダム多目的広場写真




 丹波市春日町上三井庄/三春峠 ここをMapion地図で見る(別画面)
●1970年(昭和45)。兵庫県道・京都府道709号中山綾部線が通る峠。三和町と春日町を結ぶので三春林道と命名。
丹波市春日町上三井庄/三春峠写真




 丹波市春日町黒井/兵主神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●氷上高校の横にある神社。石造りの第一鳥居から参道が真っ直ぐ延びている。
丹波市春日町黒井/兵主神社第一鳥居写真


●参道を150m程入った所に木製の両部鳥居がある。平地なので参拝しやすい。
丹波市春日町黒井/兵主神社両部鳥居写真


●拝殿と本殿。奈良時代に創建され、各方面からの崇敬が厚い。
丹波市春日町黒井/兵主神社本殿写真


●本殿横の絵馬殿。武者や鶴、相撲力士の絵馬額が沢山奉納されている
丹波市春日町黒井/兵主神社絵馬殿写真


●文銭を並べて字を描いた額もある。
丹波市春日町黒井/兵主神社文銭額写真




 丹波市春日町黒井/黒井城址 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20150814
●丹波市役所春日庁舎前から城山の遠望。山頂に黒井城址があるが石垣は見えない。赤門は見える。
丹波市春日町黒井/黒井城址城山遠望写真


●城山登山口。なだらかコースと急坂コースがある。
丹波市春日町黒井/黒井城址城山登山口写真


●麓から見えていた赤門。中腹にある石踏の段という広場に立っている。ここからの眺めもすばらしい。
丹波市春日町黒井/黒井城址赤門写真


●室町時代に赤松貞範が築城した。山頂には低く積まれた石垣が部分的に残っている。
丹波市春日町黒井/黒井城址石垣写真


●本丸広場跡。保月城趾と刻まれた石塔が立っている。丹波の赤鬼・荻野直正が城主の時、明智軍の攻撃で落城した。
丹波市春日町黒井/黒井城址本丸広場跡写真


●本丸跡から南側の眺め。眼下に黒井の町並み、正面に向山が見える。
丹波市春日町黒井/黒井城址本丸跡写真




 丹波市柏原町上小倉/苅野神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●国道176号線から社頭の眺め。平家の先祖にあたる葛原親王(桓武天皇の第3皇子)が祀られている。
丹波市柏原町上小倉/苅野神社写真


●かっちりした良い造りの石段が続く。
丹波市柏原町上小倉/苅野神社写真


●石段を登った所にある長床。白馬や皇居の絵馬が奉納されている。
丹波市柏原町上小倉/苅野神社写真


●森に囲まれた社殿。伝説によるとここの神様は運んでいる鐘(金)を山(鐘ヶ坂or金山)に置いてきたらしい。
丹波市柏原町上小倉/苅野神社写真


●鳥居の注連縄は左本のごぼう締めだが拝殿には大根締めが張られている。
丹波市柏原町上小倉/苅野神社写真


●市指定文化財の本殿。案内板によると1714年に建てられたもので大工の木槌が残されているとのこと。
丹波市柏原町上小倉/苅野神社写真




 丹波市柏原町柏原/太鼓やぐら ここをMapion地図で見る(別画面)
●江戸時代は時報や火事の知らせに使われた。明治に柏原藩陣屋前からここへ移築された。右は石田大歳神社。
丹波市柏原町柏原/太鼓やぐら写真




 丹波市柏原町柏原/八幡神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●平安時代に創建されたもので、拝殿本殿は国の重要文化財に指定されている。注連縄の付け方が面白い。
丹波市柏原町柏原/八幡神社写真


●鐘楼と三重塔。いずれも県指定文化財。鐘楼の鐘はやや小さいが御利益は大きいとのこと。
丹波市柏原町柏原/八幡神社三重塔写真




 丹波市柏原町柏原/木の根橋 ここをMapion地図で見る(別画面)
●八幡神社参道から八幡筋商店街と木の根橋の眺め。正月になると手前の広場に屋台が並ぶ。
丹波市柏原町柏原/木の根橋写真


●大ケヤキの根が幅6mの奥村川をまたいでいる。県指定文化財。
丹波市柏原町柏原/木の根橋奥村川写真




 丹波市柏原町柏原/柏原藩陣屋跡 ここをMapion地図で見る(別画面)
●柏原藩陣屋跡の長屋門。県指定文化財。
丹波市柏原町柏原/柏原藩陣屋跡写真


●長屋門を通して見た柏原藩陣屋表御殿玄関。この一画が国指定史跡。後方の建物は崇広小学校。
丹波市柏原町柏原/柏原藩陣屋跡表御殿玄関写真




 丹波市柏原町柏原/建勲神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●雰囲気の良い路地を進むと参道入口がある。左の建物は屋敷公民館。
丹波市柏原町柏原/建勲神社参道入口写真


●織田信長が祀られている。本殿は昭和9年、拝殿は平成18年に修復された。
丹波市柏原町柏原/建勲神社本殿写真




▲ 丹波市 ▲ 豊岡市 ▼ 西宮市 ▼
 豊岡市但東町畑山/但東ダム ここをMapion地図で見る(別画面)
●横谷川に造られた重力式コンクリートダム。2007.3完成。
豊岡市但東町畑山/但東ダム写真


●天端。渡った先は行き止まり(立入禁止柵)。
豊岡市但東町畑山/但東ダム写真


●ダム下の交流広場。洪水吐に減勢工が設けられている。
豊岡市但東町畑山/但東ダム写真


●堤頂長120m、堤高26m。水道用水確保、洪水調節、農業用水供給を目的とする多目的ダム。
豊岡市但東町畑山/但東ダム写真


●よこたに湖。ダム管理棟の横から奥まで道路が付いている。
豊岡市但東町畑山/但東ダム写真




 豊岡市出石町内町/出石城跡 ここをMapion地図で見る(別画面)
●豊岡市役所出石支所の近くから城山(有子山)の眺め。手前に大修理中の辰鼓楼、突き当り山裾に出石城跡。
豊岡市出石町内町/出石城跡写真


●城山の麓にある有子橋。鳥居を潜ると出石城跡、石段登った中腹に有子山稲荷神社、山頂に有子山城跡という配置。
豊岡市出石町内町/出石城跡写真


●出石城跡二の丸から本丸西隅櫓(昭和43年復元)の眺め。1574年(天正2年)、山名祐豊氏は山頂に有子山城を築いた。
豊岡市出石町内町/出石城跡写真


●本丸東隅櫓。山名氏滅亡後、1604年(慶長9年)に出石藩2代目藩主・小出吉政氏は有子山城の下館を以て出石城とした。
豊岡市出石町内町/出石城跡写真


●本丸にある感応殿。出石藩仙石家初代・仙石秀久氏を祀るため旧家臣らが明治になって建立した。
豊岡市出石町内町/出石城跡写真


●本丸より一段上の曲輪稲荷郭にある城の鎮守・有子山稲荷神社。山頂の有子山城跡へはここから登山道を1時間。
豊岡市出石町内町/出石城跡写真


●曲輪稲荷郭から城下町の眺め。出石藩11代藩主・仙石政明氏が連れてきた信州そば職人が起源とされる蕎麦屋が多い。
豊岡市出石町内町/出石城跡写真


●出石城跡の東に諸杉神社がある。有子山稲荷神社でも注連縄は中央を引っ掛けた独特な張り方がされている。
豊岡市出石町内町/出石城跡写真




▲ 豊岡市 ▲ 西宮市 ▼ 西脇市 ▼
 西宮市山口町金仙寺/丸山ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181103
●正面の丸山と右の畑山との谷間に丸山ダムが見える。立ち入り制限がありダム近くには行けない。
西宮市山口町金仙寺/丸山ダム写真


●1977年竣工した重力式コンクリートダム。堤高31m、堤頂長71m。非常用洪水吐はラジアルゲート2門。
西宮市山口町金仙寺/丸山ダム写真


●ダム湖は丸山貯水池、通称金仙寺湖と呼ばれダム直下に丸山浄水場があり水道水源になっている。
西宮市山口町金仙寺/丸山ダム写真




 西宮市山口町船坂/舟坂峠 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181103
●兵庫県道51号宝塚唐櫃線が通る峠道の舟坂山王神社前あたり。ちなみに1km程南の山中にも船坂峠がある。
西宮市山口町船坂/舟坂峠写真


●峠の道しるべ。特徴的な自然石に「左大阪宝塚、右西宮道、大正四年」と刻まれている。右端は清水谷道標柱。
西宮市山口町船坂/舟坂峠写真


●峠に立って東向きの眺め。左は有馬街道(県道)。右は清水谷道(船坂間道)と呼ばれ船坂峠越で西宮鷲林寺へ至る。
西宮市山口町船坂/舟坂峠写真




▲ 西宮市 ▲ 西脇市 ▼ 姫路市 ▼
 西脇市小坂町/成田山法輪寺(真言宗智山派) ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20160806
●門前を飾る開運招福のジャンボ干支絵馬。
西脇市小坂町/成田山法輪寺写真


●門前から境内の眺め。境内中央に夏祭りの櫓が組まれている。
西脇市小坂町/成田山法輪寺写真


●本堂。成田山大本山(千葉成田市)の分院として昭和25年建立。左はインド・ブッダガヤ大菩提寺大塔を模した釈迦塔。
西脇市小坂町/成田山法輪寺写真


●寺院だが見た目は神社。神仏習合両部のため鰐口の他に鈴と注連縄もあり神社の特徴が濃い。
西脇市小坂町/成田山法輪寺写真


●本堂裏の七福神石像。
西脇市小坂町/成田山法輪寺写真


●三層のネパール様式で造られた法輪閣。こちらも注連縄があって鈴と鰐口が下がっている。
西脇市小坂町/成田山法輪寺写真


●本堂横の北向不動明王。
西脇市小坂町/成田山法輪寺写真




 西脇市黒田庄町岡/兵主神社 ここをMapion地図で見る(別画面)
●ひょうす神社。奈良時代に創始された。昭和58年3月、勧請千二百年祭が執行された。
西脇市黒田庄町岡/兵主神社写真


●どっしりと迫力のある長床式拝殿。黒田官兵衛からの奉納金で建造された。
西脇市黒田庄町岡/兵主神社長床式拝殿写真




▲ 西脇市 ▲ 姫路市 ▼ 三木市 ▼
 姫路市香寺町須加院/暮坂峠 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181110
●兵庫県道80号宍粟香寺線が通る峠。擁壁の上にブロック積みの地蔵堂がある。
姫路市香寺町須加院/暮坂峠写真


●石祠の中に蓮弁台座のある地蔵坐像が安置されている。前掛けや供花の様子からするとお参りが絶えないようだ。
姫路市香寺町須加院/暮坂峠写真


●地蔵の向かいに郡境石がある。往時の香呂村(神崎郡→姫路市)と置塩村(飾西郡→飾磨郡→姫路市)との境界だった。
姫路市香寺町須加院/暮坂峠写真




 姫路市書写/書写山円教寺(天台宗) ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181110
●書写山(371m)の山頂に円教寺がある。姫路市運営の書写山ロープウェイで山上まで行ける。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●バス道と東坂の分岐点にある慈悲(こころ)の鐘。平成4年に建てられたもので自由に撞ける。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●慈悲の鐘から東坂を歩いて仁王門へ向かう。西国巡礼の道と呼ばれ西国霊場の各札所本尊が安置されている。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●仁王門。書写山は西の比叡山と呼ばれる巨刹だが山門は小振りで簡素な造り。「従麓十八丁」の丁石が立っている。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●金剛力士像。内側の柵に隠れて観難いが個性的な風貌をしていらっしゃる。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●姫路城主・本多忠政公が寄進した石造りの湯屋橋。ここを渡ると摩尼殿を見上げる人で混んでいる。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●湯屋橋袂にころがっている護法石。弁慶が書写山で修行した時期があり弁慶のお手玉石とも呼ばれる。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●円教寺山号柱。円教寺は平安中期(康保3年・966年)、性空上人が創建した。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●山号柱の横にある三十三所堂。西国霊場の観音像が奉安されていて写し霊場になっている。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●山号柱の所から見上げた舞台造りの摩尼殿。現建物は大正10年に焼失した後、昭和8年に再建されたもの。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●摩尼殿前にある倶利伽羅剣の手水場。剣に巻き付いた龍の口から手水が出ている。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●摩尼殿。性空上人が入山後4年目に崖の桜に如意輪観音像を刻み如意輪堂を建てたのが始まりとされる。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●摩尼殿外陣。御本尊は六臂如意輪観世音菩薩。西国霊場第27番札所。建物が新しいので古色蒼然とはしていない。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●摩尼殿から西谷へ向かう参道にある阿弥陀如来坐像大仏。元は大講堂の近くにあった模様。近くに杣観音堂もある。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●西谷エリアにある三之堂(みつのどう)の広場。左から常行堂、食堂、大講堂の三棟がコの字型に並んでいる。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●大講堂(室町時代、重文)。本堂にあたるもので花山法皇からの寄進をもとに建立された。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●食堂(室町時代、重文)。往時は修行僧が寝食する寮だった。桁行15間もあり長堂とも呼ばれる総二階の建物。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●大講堂の向かいにある常行堂(室町時代、重文)。正面入口は反対側にあり、こちら側は長さ十間の細長い楽屋と舞台。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●常行堂の正面入口。阿弥陀如来の名前を唱えて本尊を回る行を90日間続けるという常行三昧行が行われる。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●大講堂の横にある姫路城主・本多家廟所。小さな廟屋が五棟あり中に大きな五輪塔が安置されている。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●食堂の裏から西へ行くと伽藍がコの字型に並んだ奥之院が見えてくる。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●奥之院正面にある開山堂(江戸時代初期、重文)。性空上人が祀られている。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●奥之院入口にある不動堂。江戸初期に建立されたが災害で全壊し1976年に再建された。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●開山堂前の護法堂(室町時代、重文)。性空上人を守護した若天護法童子と乙天護法童子が祀られている。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●護法堂の向かいにある護法堂拝殿(安土桃山時代、重文)。2間×7間という細長い建物で弁慶の学問所だった。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●開山堂裏にある和泉式部歌塚と呼ばれる宝篋印塔(奈良時代)。和泉式部は歌を詠んで性空上人に願いを届けた。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●金剛堂(室町時代、重文)。柵で近寄れないが天井に天女が描かれているとの説明。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●根本堂とも呼ばれる薬師堂(鎌倉後期)。円教寺に現存する最古の遺構で太い柱が目を引く。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●姫路城主・松平家墓所。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●鐘楼(鎌倉時代、重文)。基壇に石積みがあるのですらっとしたバランスの良い姿に映る。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●法華堂と奥に十地院。平安中期(寛和3年・985年)法華堂建立、翌年花山法皇の御幸以降多くの伽藍が建立された。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●鐘楼の奥にある姫路城主・榊原家墓所。若くして没した政房と政祐の墓碑が並んでいる。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●大講堂の裏道を登った所にある塔頭の仙岳院。ここの土蔵から性空上人坐像が発見され開山堂に奉安されている。
姫路市書写/書写山円教寺写真


●書写山頂上近くにある白山権現(十一面堂)。性空上人が心眼を開いた場所とされ十一面観音が祀られている。地図
姫路市書写/書写山円教寺写真




 姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山    Trail-20181015
●賀野神社境内から遠望。ここから見える大天井岳、不行岳、三峰岳、地蔵岳を洞ヶ岳と呼ぶ。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●登山口。出雲岩コースへ進み大天井岳まで急坂が続く。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●登山口にある案内板。岩場が多いので事故が発生しやすい。  (別画面で大きい写真      )
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●A3展望岩から大天井岳の眺め。手前のトンガリは三峰岳と不行岳。地蔵岳は隠れている。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●A5出雲岩。所々にハーケンが残っている。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●A6せり岩。岩と岩の隙間約60cmを通る。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●A7馬の背岩。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●A8大天井岳頂上(811m)。洞神社の不動明王と役行者が祀られている。以前は祠があったようだ。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●山頂から南向いて姫路市方面の眺め。中央奥に見える三角形の山は福崎町の七種山かな。
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●北方向の眺め。中央が鉾立山、その右の鉄塔のある辺りが峰分岐。
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●A9天狗岩。ここから峰分岐までは岩場なく普通の山歩きになる。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●B3新下山道分岐。図根点標石がある838mピーク。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●B4鹿ヶ壺分岐。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●B5雪彦山頂上(915m)。樹木のため眺望なし。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●四等三角点(点名雪彦山)。雪彦山の定義は色々あるようだが地理院地図ではここが雪彦山になっている。
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●B6笹の鞍部。稜線を北進すると鉾立山へ、東へドロカベコースを下ると虹ヶ滝を経て登山口へ。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●B7鉾立山頂上(952m)。西方向の眺望良好で氷ノ山等が見える。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●山頂プレート。「通称」なので本名や別名があるのだろう。
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●B8峰分岐(942m)。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●峰分岐の直ぐ下に基幹林道雪彦峰山線とは別の新しい林道が通っている。
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●虹ヶ滝。峰分岐から沢沿いの下山道を下るとここに出る。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真


●大曲展望台の東屋。横の道路は基幹林道雪彦峰山線。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/大天井岳・雪彦山・鉾立山写真




 姫路市夢前町山之内/賀野神社かや神社 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181015
●雪彦山登山口の近くに立つ第一鳥居。社殿はここから道成りで2.3km程上にある。 地図(別画面)
姫路市夢前町山之内/賀野神社写真


●石段を上がった所に「牛馬安全、願望成就」と刻まれた石塔が立っている。
姫路市夢前町山之内/賀野神社写真


●神話の時代に鉾立山上に創建されたが6世紀頃に法道仙人が現在地へ遷座した。
姫路市夢前町山之内/賀野神社写真


●境内に牛馬の像が奉納されている。後方に岩だらけの洞ヶ岳(大天井岳/不行岳/三峰岳/地蔵岳)が望める。
姫路市夢前町山之内/賀野神社写真


●主祭神は伊邪那岐命イザナギノミコト。社殿は拝殿、幣殿、本殿の並びになっている。
姫路市夢前町山之内/賀野神社写真




 姫路市夢前町山之内/小畑隧道 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181015
●夢前町山之内の小畑地区と寺河内地区を結ぶ仮称小畑峠にある隧道。1965年竣工。
姫路市夢前町山之内/小畑隧道写真


●隧道西坑口近くにある地蔵堂。
姫路市夢前町山之内/小畑隧道写真


●赤い前掛けや天井の寄進者芳名板を見ると地元に親しまれ大切にされている地蔵だと感じる。
姫路市夢前町山之内/小畑隧道写真


●地蔵堂と隧道の間にある「地蔵の水」。以前は覆屋と案内板があったようだ。
姫路市夢前町山之内/小畑隧道写真




 姫路市夢前町莇野/菅生ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181015
●菅生川に造られた重力式コンクリートの治水ダム。堤高56m、堤頂長157m、1978年竣工。
姫路市夢前町莇野/菅生ダム写真


●天端部。ゲートがある部分だけクランクになっている。
姫路市夢前町莇野/菅生ダム写真


●非常用洪水吐は中央のローラーゲート2門だけだったが2010年に自由越流式洪水吐5門へと大改造された。
姫路市夢前町莇野/菅生ダム写真


●左岸に見える堤趾導流壁は2010年のダム再開発で増設された。越流時はダム左半分を流下することになる。
姫路市夢前町莇野/菅生ダム写真


●ダム湖は東にある明神山(668m、播磨富士)にちなんで「明神湖」と命名された。
姫路市夢前町莇野/菅生ダム写真




 姫路市安富町皆河/安富ダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20181015
●林田川に造られた重力式コンクリートの治水ダム。1985年竣工。
姫路市安富町皆河/安富ダム写真


●ダム湖には自動車が通れる周回道路があるものの天端は歩きでないと通れない。
姫路市安富町皆河/安富ダム写真


●下流側の眺め。右岸にあるダム下公園は立入禁止。
姫路市安富町皆河/安富ダム写真


●下流の集落を通り抜けてダム直下に行ける。優雅な曲線の減勢工副ダム。
姫路市安富町皆河/安富ダム写真


●堤高50m、堤頂長145m。クレスト部に自由越流式洪水吐9門が見える。中央柵内にダム穴がある。
姫路市安富町皆河/安富ダム写真


●オリフィスゲートは通称ダム穴、正式には半円越流型常用洪水吐。眺めていると妄想が膨らんで怖くなる。
姫路市安富町皆河/安富ダム写真


●富栖湖(とみすこ)と名付けられたダム湖。安富町は安師村と富栖村が合併した経緯があり旧村名がダム湖の由来。
姫路市安富町皆河/安富ダム写真


●富栖湖の北端にある水尾神社。室町初期(暦応元年・1338年)に創建されたという古社。 地図(別画面)
姫路市安富町皆河/安富ダム写真


●水尾神社社殿と県指定天然記念物の大杉。この一帯はヒメハルゼミ生息地として保護されている。
姫路市安富町皆河/安富ダム写真


●水尾神社の磐座。伊和の大神が大岩で川を堰き止めたとの伝がありこの辺りには巨石が多い。
姫路市安富町皆河/安富ダム写真




 姫路市山田町南山田/神谷ダム(こたに) ここをMapion地図で見る(別画面)
●2000年竣工の上水道用ダム。堤体は太陽光パネル19,580枚が敷き詰められた神谷ダム太陽光発電所になっている。
姫路市山田町南山田/神谷ダム写真


●天端の眺め。堤高79m、堤頂長303m、ロックフィルダム。
姫路市山田町南山田/神谷ダム写真


●神谷ダムと刻まれた記念碑。麓で車両通行止めになっているため見に来る人は少ないのだろう。
姫路市山田町南山田/神谷ダム写真


●3km西を流れる市川の水をポンプで揚水し、渇水期には船津浄水場へ戻すという揚水式貯留ダム。
姫路市山田町南山田/神谷ダム写真


●扇型自由越流式の洪水吐。
姫路市山田町南山田/神谷ダム写真


●天端から下流側の眺め。姫路セントラルパークまで2km程なので大観覧車やフリーフォールが見える。
姫路市山田町南山田/神谷ダム写真


●神谷池と命名されたダム湖。一周8kmの周回道路は補修工事のため通行止め。
姫路市山田町南山田/神谷ダム写真




▲ 姫路市 ▲ 三木市 ▼ 養父市 ▼
 三木市上の丸町/三木城跡 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180928
●城の北を流れる美嚢川の堤防から城跡の眺め。白い模擬土塀が見える本丸部分が上の丸公園として保存されている。
三木市上の丸町/三木城跡写真


●本丸。1492(長享2)年頃に築城、1580(天正8)年三木合戦で落城、城主が代り1617(元和3)年一国一城令により廃城。
三木市上の丸町/三木城跡写真


●織田方に反旗を翻したことから羽柴秀吉との間で三木合戦へと発展し最後は長治公自害し落城した。
三木市上の丸町/三木城跡写真


●天守跡。長治公の辞世「今はただうらみもあらじ諸人のいのちにかはる我身とおもへば」の歌碑が立つ。享年23歳。
三木市上の丸町/三木城跡写真


●本丸から三木市街の眺め。三木合戦の際、羽柴軍は30数箇所の付城を築いて三木城を包囲した。
三木市上の丸町/三木城跡写真


●唯一の遺構とも言える本丸の井戸。裏から覗けるが草ボウボウで金網も破れ残念かつ危険な状態になっている。
三木市上の丸町/三木城跡写真


●本丸には写真の上の丸稲荷神社の他に金物神社等もある。江戸初期に廃城となったので跡地転用が進んだのだろう。
三木市上の丸町/三木城跡写真


●三木城の一角に位置する雲龍寺の別所長治照子夫妻首塚。照子は波多野秀治の妹(又は娘)とされる。 地図(別画面)
三木市上の丸町/三木城跡写真




 三木市志染町御坂/御坂サイフォン橋 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180928
●志染川/淡河川合流地点に架かる御坂サイフォン橋(眼鏡橋)。橋の中を鋼管が通り農業用の淡河川疎水が流れている。
三木市志染町御坂/御坂サイフォン橋写真


●1891(明治24)年に造られた初代石造アーチ橋と1953(昭和28)年に造られたコンクリートアーチ橋が並んでいる。
三木市志染町御坂/御坂サイフォン橋写真


●日本初のサイフォン橋ということで土木学会選奨土木遺産に認定されている。長さ54m、高さ12m。
三木市志染町御坂/御坂サイフォン橋写真


●眼鏡橋から6km程上流の淡河川頭首工(取水設備)。総延長26kmある淡河川疎水の出発点になる。 地図(別画面)
三木市志染町御坂/御坂サイフォン橋写真


●淡河川疎水の水路。50m進んで1cm低くなるという緩い勾配に造られている。地中を流れる隧道部分は28ヶ所ある。
三木市志染町御坂/御坂サイフォン橋写真


●淡河川疎水は正面の山〜中央の眼鏡橋〜こちらの山へとサイフォンの原理で鋼管を流れて谷越えする。 地図(別画面)
三木市志染町御坂/御坂サイフォン橋写真


●山腹に敷設された直径1.5m程の鋼管。この先、山田川疎水と合流し兵庫県南部の印南野台地の溜め池へ至る。
三木市志染町御坂/御坂サイフォン橋写真




 三木市志染町三津田/呑吐ダムどんどダム ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180928
●志染川(別名山田川)に造られた重力式コンクリートダム(1986年竣工)。ダム名は上流にあった呑吐の滝に由来。
三木市志染町三津田/呑吐ダム写真


●ダムで誕生した衝原湖(つくはら湖)。中央は取水塔。川代ダムと大川瀬ダムの水がここへ導水されている。
三木市志染町三津田/呑吐ダム写真


●自動車も通る天端。左の総合管理所で呑吐ダム、鴨川ダム、糀屋ダム、川代ダム、大川瀬ダムの5ダムを管理している。
三木市志染町三津田/呑吐ダム写真


●堤頂長260m、堤高72m。クレスト部に洪水吐のラジアルゲートが3門。中央に取水塔、左はエレベーター塔。
三木市志染町三津田/呑吐ダム写真


●山田幹線水路(淡山疏水)へダムの水を補給するために揚水管(手前)、水力発電所(中央)、揚水機室(左)が増設された。
三木市志染町三津田/呑吐ダム写真


●篠山から印南野台地に至る110kmに及ぶ壮大な東播用水ネットワークが築かれており呑吐ダムは一翼を担う。
三木市志染町三津田/呑吐ダム写真


●河川放流が整水池を経由して志染川へ流れる。天端道路から右岸を下ると中央に見える三津田橋に至る。
三木市志染町三津田/呑吐ダム写真


●総合管理所横の三津田鍋の宮神社。呑吐の水神さんとも呼ばれ呑吐の滝近くからここへ遷宮された。 地図(別画面)
三木市志染町三津田/呑吐ダム写真




▲ 三木市 ▲ 養父市 ▼ page end ▼
 養父市福定/氷ノ山ひょうのせん ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180614
●縦走路から山頂遠望。山頂に見える四角形は避難小屋。
養父市福定/氷ノ山写真


●氷ノ山頂上(1,510m)。ゆったりした広場があって樹木なく360゚見渡せる。
養父市福定/氷ノ山写真


●一等三角点(点名:氷ノ山)。かつて須賀ノ山と呼ばれていた時代があった。
養父市福定/氷ノ山写真


●避難小屋の前にある山頂ケルン。氷ノ山後山那岐山国定公園に指定されている。
養父市福定/氷ノ山写真


●避難小屋内部。いつでも誰でも利用できる。積雪時は二階(寝間)から出入り出来るように外梯子が付いている。
養父市福定/氷ノ山写真


●避難小屋の横にある須賀ノ山神宮跡。かつては須賀の宮権現を祀っていたが明治に麓の三ヶ村へ遷座された。
養父市福定/氷ノ山写真


●北東方向の眺め。手前の草地はハチ高原スキー場、その奥に高丸山、鉢伏山と続く。
養父市福定/氷ノ山写真


●北を向いて扇ノ山(1,310m)方面。手前左の赤倉山(1,332m)を経て鉢伏山に至る縦走路がかすかに見えている。
養父市福定/氷ノ山写真


●山頂避難小屋の向かいにある展望小屋。ハイテクの水洗トイレあり。
養父市福定/氷ノ山写真


●展望小屋二階からの眺め良し。南を向いて二の丸方面。
養父市福定/氷ノ山写真


●福定親水公園の登山口にある多田ケルン。登山家の多田繁次氏を顕彰して昭和61年に建てられた。 地図(別画面)
養父市福定/氷ノ山写真


●福定コース中程にある氷ノ山地蔵堂。山頂にあった須賀の宮権現から遷座された一つとされる。 地図(別画面)
養父市福定/氷ノ山写真


●氷ノ越(氷ノ山越)。往時は伊勢参りで因幡国から但馬国へ通じる山陰道の脇街道として使われていた。 地図(別画面)
養父市福定/氷ノ山写真


●氷ノ越にある避難小屋前から氷ノ山遠望。兵庫/鳥取両県の登山道がここで合流する。
養父市福定/氷ノ山写真


●山頂直下にある古生沼。氷河期の植物が生き残る高地湿原植物群落として保護されている。 地図(別画面)
養父市福定/氷ノ山写真


●学校関係者専用の神大ヒュッテ(千本杉ヒュッテ)。東尾根コース/大段ヶ平コース分岐点。 地図(別画面)
養父市福定/氷ノ山写真


●東尾根コースの麓近くにある東尾根休憩小屋。いつでも誰でも利用できる。 地図(別画面)
養父市福定/氷ノ山写真


●東尾根登山口。ここから東尾根休憩小屋まで急坂のため木階段になっている。 地図(別画面)
養父市福定/氷ノ山写真




 養父市大久保/赤倉山 ここをMapion地図で見る(別画面)    Trail-20180614
●氷ノ山から赤倉山遠望。昭和54年に確定するまでは赤倉山を氷ノ山、現氷ノ山を須賀ノ山と呼ぶことがあった。
養父市大久保/赤倉山写真


●赤倉山頂上(1,332m)。木の幹に赤い境界見出標がある。
養父市大久保/赤倉山写真


●国有林標石。登山道はなく山頂も狭くて笹で覆われている。
養父市大久保/赤倉山写真


●5m程離れて図根点標石がある。国有林標石より一回り太く天面に十字が刻まれている。
養父市大久保/赤倉山写真


●氷ノ山遠望。マニアは積雪期に氷ノ山〜赤倉山〜鉢伏山を縦走するらしい。
養父市大久保/赤倉山写真


▲ 養父市 ▲ page end

Home > Photo > 篠山市外エリア/兵庫県    前ページへ戻る