page top

Home > Photo > 篠山市外エリア/岐阜県    前ページへ戻る
篠山市外エリア/岐阜県の写真
揖斐郡 ▼ page end ▼
 揖斐郡揖斐川町東横山/横山ダム ここをMapion地図で見る(別画面)
●揖斐川にある中空重力式コンクリートダム。ダム内に空間を設けることでコンクリートを節約するタイプ。
揖斐郡揖斐川町東横山/横山ダム写真


●1964年竣工。堤高81m、堤頂長220m。中央の黒い選択取水設備から下流の水力発電所へ水を取り込む。
揖斐郡揖斐川町東横山/横山ダム写真


●奥いび湖。上流の徳山ダムと連携して治水能力を高めている。2011年、中央に見える奥いび湖大橋が開通した。
揖斐郡揖斐川町東横山/横山ダム写真


●ダム天端。奥いび湖大橋が開通する前は天端が国道303号線だった。
揖斐郡揖斐川町東横山/横山ダム写真


●天端から下流の眺め。手前は中部電力横山発電所(最大出力70,000kW)。直径5mもある水圧鉄管が大迫力。
揖斐郡揖斐川町東横山/横山ダム写真




 揖斐郡揖斐川町東杉原/徳山ダム ここをMapion地図で見る(別画面)
●総貯水容量・堤体積日本一のロックフィルダム。堤高161m、堤頂長427m、2008年竣工。横山ダムの上流にある。
揖斐郡揖斐川町東杉原/徳山ダム写真


●徳山ダムサイト公園の右岸天端広場。工事で活躍した90tダンプカーのタイヤ(φ3m・1本250万円)が展示してある。
揖斐郡揖斐川町東杉原/徳山ダム写真


●巨大なゲート設備。手前の非常用洪水吐きゲートは幅13mもある。新緑シーズンには観光放流が行われる。
揖斐郡揖斐川町東杉原/徳山ダム写真


●放水路側の眺め。建物は中部電力徳山水力発電所(最大出力153,400kW)。
揖斐郡揖斐川町東杉原/徳山ダム写真


●堤体に設けられたダム下流面展望台。工事中に両岸を繋いでいたケーブルクレーンの基礎部分が残っている。
揖斐郡揖斐川町東杉原/徳山ダム写真


●ダム天端。下流にある横山ダムの再開発で湖底から掘削した土砂も堤体材料として使用された。
揖斐郡揖斐川町東杉原/徳山ダム写真


●徳山ダムは揖斐川の洪水被害を防ぐ「揖斐の防人」であり、中部圏利水のための「濃尾の水瓶」という役割がある。
揖斐郡揖斐川町東杉原/徳山ダム写真


●ダムで誕生した徳山湖。貯水の本格的活用はこれから。奥に見えるのは国道417号線に架かる徳之山八徳橋。
揖斐郡揖斐川町東杉原/徳山ダム写真




 揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺(天台宗) ここをMapion地図で見る(別画面)
●山門前交差点の観光用惣門。ここから華厳寺仁王門まで谷汲門前町商店街が約800m続く。 地図(別画面)
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●仁王門。長さ4m程の巨大な草鞋が奉納されている。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●運慶作とされる仁王像。柵内の千社札はどうやって貼ったのだろう。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●怒気を帯びた表情と筋骨逞しく動きのある身体つき・・・リアルな作風が奈良仏師・運慶の特徴とされる。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●仁王門を潜ってすぐの所にある三十三度石。本堂まで250mの石畳参道が続き荘厳な雰囲気がする。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●中程にある百度石。華厳寺は平安時代(延暦17年・798年)、豊然上人と大口大領により開創された。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●右側に英霊堂と三十三所堂。石段の上に本堂。開基の頃、山中から油が湧いたので谷汲という地名になった。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●明治12年(1879年)に再建された本堂。御本尊は十一面観世音菩薩。谷汲山提灯の横に「精進落としの鯉」がある。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●左から子安堂、笈摺堂。結願では身に付けていた笈摺を奉納し、持ち歩いたもう一枚は死装束に使う。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●満願堂。華厳寺は西国三十三観音霊場第33番で結願・満願の札所になる。巡礼者はここで納め札を納める。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●鐘楼堂。二層形式で袴腰に向拝まで付いた豪勢な造り。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●妙法ヶ岳中腹にある奥の院。現存のものは昭和30年代中頃に建てられた。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


●仁王門横で特産品を並べている土産物屋。他に菊花石店や納経軸表装店などもある。
揖斐郡揖斐川町谷汲徳積/谷汲山華厳寺写真


▲ 揖斐郡 ▲ page end

Home > Photo > 篠山市外エリア/岐阜県    前ページへ戻る