page top

Home > Bike > オートバイ
無理しなさんなよ・・・機械に教えられることもある
 YAMAHA SR400    ※現役車
●パワーは250cc並みだが魂を揺さぶる味わい深い走り。造形が渋く質感が高いので眺めながら磨く愉しみもある。
※全長2.09m、重量174kg、空冷単気筒SOHC399ccFI、圧縮比8.5、26PS/6,500rpm、2.9kgm/5,500rpm
YAMAHA SR400写真


●1978年から続く化石的エンジン。空冷ビッグシングルの重厚なメカメカ感がバイク好きを魅了する。
YAMAHA SR400写真


●エンジンはガチャガチャと騒々しく、走りはギクシャクしているのに操る者の心を喜びと感謝で満たしてくれる。
YAMAHA SR400写真


●高速走行時の振動対策のためギヤ交換して二次減速比を下げた。19T/56T(2.95) → 20T/51T(2.55,▲13%)。
YAMAHA SR400写真


●肩凝り対策としてアップハンドルに交換した。引き+142mm、高さ+41mm、幅−46mm(PLOT DT-3)。
YAMAHA SR400写真


●金具を作って自転車用キャリアを取り付けた。荷物が積めるようになっただけでなくリアデザインが締まった。
YAMAHA SR400写真


●長時間乗車時の尻痛対策としてワイドシングルシートを装着した。横幅があるので足つきが若干悪くなる。
YAMAHA SR400写真


●バイクらしい音がするキャブトンマフラーに交換した。JMCA認定品で加速騒音81dBの穏やかなタイプ。
YAMAHA SR400写真




 HONDA REBLE250    ※レンタル車
●理想的なバイク(250/質感/軽量/FI/水冷/単気筒/チューブレス/メンテ性)だが独特のライポジに馴染めず。
※全長2.19m、重量170kg[ABS]、水冷単気筒DOHC249ccFI、圧縮比10.7、26PS/9,500rpm、2.2kgm/7,750rpm
HONDA REBLE250写真


●MC49E型エンジン。CBR250R用MC41E型をベースにしたもので造形が美しく奥まっていないので存在感がある。
HONDA REBLE250写真




 HONDA VTR250    ※レンタル車
●エンジンとフレームの造形が美しい。静かでマイルドなので走る面白味は乏しい。
※全長2.08m、重量160kg、水冷V型2気筒DOHC249ccFI、圧縮比11.0、30PS/10,500rpm、2.2kgm/8,500rpm
HONDA VTR250写真


●MC15E型エンジン。見栄えの良いトラス構造フレームだがエンジンを押し込めた感が強いのでメンテしづらそう。
HONDA VTR250写真




 HONDA TLR200    ※過去車
●相当な年代物だが快調。排気音が小気味良く軽量でトルクフルなので走りが楽しい。
※全長2.08m、重量97kg、空冷単気筒SOHC194cc、圧縮比8.2、12PS/6,500rpm、1.6kgm/4,000rpm
HONDA TLR200写真


●冬場も走らせたいので防寒対策した。ウインドスクリーン、ナックルガード、ハンドルカバー。
HONDA TLR200タイヤ交換写真


●前後タイヤ、前回から8,400km走行しデュアルパーパスタイプに交換した。乗り心地がスムーズになった印象。
HONDA TLR200タイヤ交換写真


●リジットは腰への衝撃が激しいのでリアサスペンションに戻した。同時にサドルのバネも撤去。
HONDA TLR200リアサスペンション取付写真


●低回転化のためドリブンギヤは標準44T → 38T(左) → 30T(取付品)、ドライブギヤは標準13T → 14Tに交換。
HONDA TLR200ギヤ写真




 HONDA HORNET    ※過去車
●モーターのように滑らかに回転するエンジン。スムーズな走りは上品だが刺激なく面白みが乏しい。
※全長2.04m、重量168kg、水冷並列4気筒DOHC249cc、圧縮比11.5、40PS/14,000rpm、2.4kgm/11,000rpm
HONDA HORNET写真




 HONDA VF750F    ※過去車
●知人から貰った贅沢な造りのバイク。エンジンオーバーホールにチャレンジしたが挫折して手放した。
※全長2.16m、重量240kg、水冷90度V型4気筒DOHC748cc、圧縮比10.5、72PS/9,500rpm、6.1kgm/7,500rpm
HONDA VF750F写真




 BMW K100    ※過去車
●ヒョーンヒョーンと独特の音を発するエンジン。素直で安定した走りだが車重があり過ぎて取り回しが無理。
※全長2.23m、重量259kg、水冷直列4気筒DOHC987ccFI、圧縮比11.0、90PS/8,000rpm、8.8kgm/6,000rpm
BMW K100写真


●エンジン右側クランクカバー。エンジン/ミッション/リアドライブギヤで3種類のオイルを使用。
BMW K100エンジン写真




 HONDA Monkey Z50J    ※過去車
●1980年頃に北海道で乗っていたホンダモンキー。冬はタイヤにチェーンを巻いて走った。
※全長1.36m、重量58kg、空冷単気筒SOHC49cc、圧縮比8.8、3.1PS/7,500rpm、0.32kgm/6,000rpm、タイヤ3.5-8
HONDA Monkey Z50J写真




 YAMAHA TX750    ※過去車
●ヤマハ初のナナハン。失敗作と言われる車種ながら低速から中速にかけてパンチがあり味のある走りが楽しめた。
※全長2.2m、重量220kg、空冷並列2気筒SOHC743cc、圧縮比8.5、63PS/6,500rpm、7.0kgm/6,000rpm
YAMAHA TX750写真




 HONDA CD125    ※過去車
●1974年頃。ダーティーハリー2のハリー・キャラハン刑事が走らせるトライアンフT100の音が恰好よかった。
※全長1.9m、重量114kg、空冷並列2気筒SOHC124cc、圧縮比9.4、12.5PS/10,000rpm、0.9kgm/8,500rpm
HONDA CD125




 HONDA SL125S    ※過去車
●1973年頃に乗っていたオフロードバイク。当時は道ですれ違うライダー同士がピースサインを交わした。
※全長1.9m、重量91kg、空冷単気筒SOHC122cc、圧縮比9.5、12PS/9,000rpm、1.0kgm/8,000rpm
HONDA SL125S写真




 HONDA CS125    ※過去車
●初めて乗った1967年製バイク。エンジンフィンにアルミの洗濯ばさみを付けるのが流行っていた。
※全長1.87m、重量98kg、空冷並列2気筒SOHC124cc、圧縮比9.0、13PS/10,500rpm、0.95kgm/9,000rpm
HONDA CS125写真




 バイク定番ツーリングルート  ※ルート画像クリック → Ride with GPS で表示されます
●丹波篠山市外周ルート(207km)。丹波篠山市の外周を時計回りに走るもので定番のまったりルート。
bike_route_01


Home > Bike > オートバイ